足関節捻挫

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 整形外科を受診して捻挫と言われたが、湿布を渡されて安静にして下さいとしか言われませんでした
  • 足関節捻挫を一刻も早く治したいのですが、何をしたらいいのか分からない
  • 何度も再発する足関節捻挫を、根本的に治したい
  • 足関節を捻挫してからパフォーマンスが低下してしまって、思うように動けない
  • 病院で捻挫と言われたが、安静にしていたらずっと痛いままでどうしたらいいのか分からない

当院に来られる患者様からこのようなお話をよく聞きます。

たしかに足関節捻挫を受傷した直後は安静にすることは大事なことですが、それだけでは早期復帰が出来ないだけでなく再発のリスクも残ってしまいます。

早期に競技復帰するためには捻挫とはどのようなメカニズムで起こるケガなのかを理解し、正しい治療と再発予防のトレーニングやセルフケアの実施が大きな鍵となります。

 

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

捻挫はなぜ起こる?

足関節捻挫はスポーツ障害で最も多いと言われています。
関節が外から加わった力により本来の可動域を超えるストレスによって生じる靭帯の障害です。
突発的な衝撃によって関節が可動域以上に動かされてしまうと捻挫に繋がります。
捻挫と一言で言っても靭帯が伸びる場合や、部分断裂、完全断裂と重症度は様々です。

上下・前後・左右などへの急激な方向転換が多いスポーツ、
 ・バスケットボール・バレーボール・バドミントン・テニス・サッカー

日常生活では、
 ・階段の踏み外し・つまずいて転倒
                 

  • 以下の様な特徴をお持ちの方は特に足関節捻挫が発生しやすい状態です

    ・筋力不足
    ・筋力のアンバランス
    ・柔軟性の欠如
    ・ウォーミングアップ不足
    ・つまずきやすい人
    ・足底(足の裏)に体重が乗っている人

捻挫の症状は?

足関節捻挫により靭帯の損傷がある場合は炎症が起こります。

・発赤(赤くなっている)
・熱感(触ったときに熱くなっている)
・腫脹(腫れている)
・疼痛(何もしてなくても痛みがある)
・機能障害

などが起こります。

その他、数日後に皮下出血がでることもあります。
歩行時の痛み・受傷時と同じ方向に力をかけると痛み、
靭帯の損傷度合いにより足首がグラグラするなどの不安定性等の症状が出ます。

  • 第1度 軽症

    靭帯繊維の微小損傷であり、疼痛、腫脹(出血)も少なく、圧痛、機能障害も軽く、関節の不安定性は認められない。

  • 第2度 中程度

    靭帯の部分断裂が起こり、関節の不安定性が軽度から中等度にみられ、機能障害も認められる。

  • 第3度 重症

    靭帯の完全断裂が起こり、関節の不安定性が著名にみられ、機能障害も高度である。関節形態や外力にもよりますが、靭帯の完全断裂が発生すればおのずと脱臼にいたることもあるのでお気を付けて下さい。

  • 受傷直後

  • 受傷6日目

  • 固定

捻挫を放っておくとどうなるのか?

「捻挫癖」という言葉をよく耳にしますが、捻挫を正しく治しておらず、原因を根本的に治療できていなかったり、リハビリをしっかりと行っていないと、また同じように捻挫をしてしまいます。

また肉離れは、怪我をした箇所をかばうように活動するため、肉離れの再発のリスクが高まるだけでなく、身体の他の箇所の痛みが発生する可能性も高まります。

スポーツ活動をしていく上で捻挫の治療を行わない、または途中で中止してしまうことはとても危険です。

捻挫に対する治療法は?

受傷直後は、アイシングと安静が必要になりますが、腫れや痛みが取れてきたに関わらず、安静にしていると、筋力低下や関節の拘縮をきたし、足首の動かしにくさや足首周りのだるさを残してしまいます。
そうならない為にも治療とリハビリが重要になってきます。

まず初期治療では、出血(血管損傷)、そして炎症を最小限に抑えるのかが問題です。出血や炎症が酷くなると腫脹(腫れ)が酷くなり組織を圧迫してしまうので、ライス(RICE)処置を行います。

ライス(RICE)処置とは、
・REST(安静)
・ICE(冷却)
・COMPRESSION(圧迫)
・ELEVATION(挙上)

これらは痛みを和らげ、出血・浮腫による腫れを抑えることを目的とし行います。炎症による痛みの存在は運動機能を抑制したり、運動能力の低下をもたらします。また、過剰な腫脹(腫れ)は組織の脆弱化や治癒の遷延を招くのでなるべく早く抑えないと行けません。初期治療が予後を決定するといっても過言ではありません。疼痛、腫れを最小限にするためにRICE処置以外にも弾性包帯やテーピングでなどで固定します。重症の場合はギプス固定も必要になることもあります。

  • 足関節捻挫の治療は一般的に保存療法(リハビリ)で行われます。

    病院などでの一般的な捻挫の治療は以下の通りです。

    ・安静指導
    ・湿布薬の処方
    ・痛み止めの処方 など

    まず初期では疼痛や腫れなどの炎症症状を最小限に抑えるための電気治療や、
    安静を保てるようにテーピング固定をしていきます。

    整形外科などでの肉離れの治療は、多くの場合、安静指示や湿布の処方、痛み止めの処方で終わることが多く、競技復帰までの治療やリハビリを受けられる施設は少ないのが現状です。

    そのため、十分な治療が受けられず復帰が早すぎ捻挫を再発してしまう方、いつからスポーツ活動していいのか分からず安静期間が長すぎ筋力低下してしまっている方、不安感が強くスポーツをやめてしまわれた方も多くおられます。

    また、患部の治療を適切に行ってくれる病院でも、患部外の状態を確認する病院は少なく、再発のリスクまで考慮できていないケースや、患部以外に痛み出てくることで生活にも支障がでるケースもございます。

    痛みや腫れが落ち着いていたら関節可動域の改善や
    同じような捻挫を繰り返さない為にトレーニングやリハビリを行っていきます。

    捻挫をして放っておいたり、適切な治療を受けずにいると、再発の可能性がかなり高くなってしまいますので、痛み・可動域の早期改善や再発防止のためにも早期治療が効果的です。

足関節捻挫の方のオススメ治療

  • ハイボルト治療器

    急性期は炎症を早く引かせるために、アイシングや圧迫、固定などの基本処置と併せて、当院では微弱電流を用いて治療を行います。

    また当院のハイボルト治療器は使用するモードを変更することで急性期の炎症軽減だけでなく、疼痛の緩和なども可能です。

  • 鍼灸治療

    捻挫には『鍼灸治療』も有効になります。

    靭帯部分に鍼を打つことによって、血流促進や鎮痛効果も認められ、また、すね周りの筋肉やふくらはぎの筋肉に刺激を入れることによって、筋緊張が緩和され動かしにくさやダルさの改善がみられます。
    鍼治療は痛みはほとんどないので、お困りの方はぜひ試してみて下さい!!

  • アスリハコース

    痛みが軽減し、競技復帰を目指す方や再発予防の為のコースです。
    捻挫は放っておいたり適切な治療不足などで再発の可能性が高くなるため、「一度怪我をすると癖になる」といわれる障害です。

    当院では、患者様の状態に合わせて競技復帰までのトレーニングや再発予防、パフォーマンスアップのトレーニングを行っております。

    痛みがなくなったから、競技復帰という安易な計画ではなく、きちんと身体の状態を復帰させることで「癖になる」を起こさせません。

足関節捻挫の治療例

  • 急性期(受傷後~5日)

    捻挫を受傷した時点で、大量の内出血を伴い炎症反応が起こります。

    この炎症反応を最小限に抑えるために、受傷後直ちにアイシング処置を行うことが重要です。
    アイシングを行うことで血液の流れが鈍くなり、患部への「血液の過度な集中」を抑えることが出来ます。
    損傷程度に合わせて、包帯やテーピング、副子での固定が必要です。

  • 急性期以降

    炎症が治まってきたら、局所の循環回復や損傷した靭帯の修復を促すため超音波療法や鍼灸治療、リハビリを開始していきます。

    痛みが引いてきたら段階的に関節可動域訓練や筋力訓練、そして各競技の特性にあわせたトレーニングへと移行していきます。

このように、痛みがなくなったら即スポーツ復帰出来る訳ではなく、きちんとリハビリを行って、競技復帰することが再発予防のためにはとても大切です。

また、患部以外の状態もキチンと確認し、なぜ捻挫が発生したのかを確認し、患部の回復だけでなく、全身状態の調整、再発予防のトレーニングまで行います。

当院ではプロのスポーツ選手と同じように、あなたにあったプログラムを作成し、健康で美しい、ハイパフォーマンスな身体へと導きます。
どこにいっても解消しなかったあなたのお悩み、是非当院へご相談下さい。

お客様の声(足関節捻挫)

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ご質問やご相談はこちら