坐骨神経痛

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 腰から足にかけて、痛み、しびれがある。
  • 座っていると足に痛み、しびれが出てくる。
  • 背中、腰、足のコリが強い
  • 足がだるい、足の感覚が鈍い

腰の痛みと言うと「坐骨神経痛」と頭に浮かぶ方も多いと思います。坐骨神経痛となれば、腰の痛みや足のしびれを想像されると思います。

実は、「坐骨神経痛」は病名でなく、疾患に対する症状の一つになります。「坐骨神経痛」をよくするには、坐骨神経を起こしている原因を突き止め、原因に対しての治療を行わないとよくなりません。「坐骨神経痛」で何年も困っているなど痛み、しびれが長引くことも少なくありません。なぜ長引くかというと、原因に対しての治療ができていないからです。

当院では、「坐骨神経痛」の原因を突き止め原因に合わせた治療、トレーニングで根本的な改善が可能となります。

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

坐骨神経痛はなぜ起こる、その原因は!?

坐骨神経痛は、病名でなく、症状に対する症状の一つで何らかの原因で腰から出る「坐骨神経」が圧迫されることで痛みやしびれがあらわれます。
坐骨神経が圧迫されると圧迫部分の炎症による痛みや神経の走行に沿っての放散したしびれが太もも、ふくらはぎ、足先まで現れることがあります。また、足の感覚の鈍さ、脱力感が現れることがあります。
坐骨神経痛を起こす原因は、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎分離・すべり症」「梨状筋症候群」などがあげられ、坐骨神経がそれぞれの部位で圧迫されて、痛みやしびれを起こします。

  • 腰椎椎間板ヘルニア

    腰の痛み以外に足のしびれ・筋力低下がある場合はヘルニアが疑われます。
    ヘルニアは、背骨の骨と骨の間のゼリー状の椎間板が本来あるべき場所から逸脱することで、神経が圧迫され引き起こされます。
    ヘルニア部分で坐骨神経の神経根が圧迫されることで、腰の痛み、太ももの外や裏、ふくらはぎ、足裏、足先などにしびれが現れます。足に力が入らない、足の感覚が鈍いなど痛み、しびれだけでなく、神経圧迫による筋力低下、感覚障害なども起こります。

  • 腰部脊柱管狭窄症

    腰椎の加齢変化によって、後ろの椎間関節や靭帯が分厚くなるなどの変化で、坐骨神経を圧迫します。
    ヘルニア同様に、腰の痛みやお尻から足にかけての痛み、しびれ、脱力感などが現れます。また、歩行中にも痛みや脱力感などが起こり、休むと症状が軽減し、また歩くと症状が現れるといった間欠性跛行(かんけつせいはこう)も出てきます。

  • 腰椎分離・すべり症

    スポーツ選手・愛好家にみられる腰椎分離症は特に発育期(14歳前後)に多く、原因は発育期の過度なスポーツ活動で男女比では男子に多いと傾向があります。
    症状としては身体を後ろに反った時の痛みや座っているときの腰の痛み、足のしびれや筋力の低下などが上げられます。
    腰椎分離症は腰椎の疲労骨折で、初期の段階で適切な処置をしたら完治しますが、放っておくと腰椎分離症、すべり症へと進行し、坐骨神経を圧迫し、足の痛みやしびれを起こします。また、腰椎の加齢によってもすべり症を発症し、坐骨神経を圧迫することもあります。

  • 梨状筋症候群

    坐骨神経の出口のところの股関節を外に回す筋肉の「梨状筋」が坐骨神経を圧迫して、足の痛み、しびれ、脱力感を起こします。長時間の座り仕事、立ち仕事や不良姿勢などで神経の圧迫を増強させてしまいます。

坐骨神経痛をほっておくとどうなるのか!?

坐骨神経痛をほっておくと、それぞれの原因によって変わりますが、「腰椎椎間板ヘルニア」の場合、神経の圧迫が強くなると筋力低下、感覚障害による歩行障害や排尿障害もきたすことがあり、手術などの治療が必要になります。

坐骨神経痛に対する治療法は?

坐骨神経痛に対する治療法は、坐骨神経を圧迫している原因によって治療方法は変わってきます。

  • 坐骨神経痛の原因を突き止める

    坐骨神経痛の原因を知るために、問診、評価、検査が重要になります。問診、評価、検査から原因を突き止め原因に対しての治療方法を提案していきます。

  • 当院での「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」の治療例

    始めに腰の可動域、骨盤の動きを確認します。検査で神経の異常の確認を取って、しびれ、感覚障害、筋力低下などがひどい場合は、提携している病院を紹介し、連携して治療を行っていきます。
    治療としては、ヘルニア部分や狭窄している部分が坐骨神経に影響を与えているのでその部分に負担のかからない様にしていかなければいけません。また、痛み、しびれによって筋緊張が強くなり痛み、しびれを増強させていることが多く、背中、腰、股関節周りなどの筋緊張を緩和させていきます。ヘルニアや狭窄部分に負担をかけない為に股関節の柔軟性を獲得して、正しい骨盤の動きで負担を減らしていきます。

坐骨神経痛の方のオススメ治療

  • 骨盤矯正×筋肉調整

    坐骨神経痛の治療方法は、原因によって様々ではありますが、坐骨神経に負担をかけない身体の動かし方や姿勢を身につけていくことが重要です。

    当院での「プロのトレーナー」が行う「骨盤矯正」は、「骨格を矯正すること」を目的とするのではなく、「正しいポジションを筋肉と骨格に記憶させること」に焦点を置いています。

    そのため、「骨盤矯正×筋肉調整」では
    ・正しいポジションに、筋肉の状態を「再教育すること」
    ・痛みがない状態での矯正
    ・骨盤の状態を安定させること
    ・状態によって「安定させる関節」と、「ゆるめる関節」を使い分ける技術
    ・日常生活で簡単にできる姿勢矯正法
    を念頭にオーダーメイドの施術を行なっています。

    骨盤矯正×筋肉調整のコースでは、骨盤の状態を安定させ、圧迫している坐骨神経の部分に負担のかからないようにして、痛み、しびれを和らげ根本的な改善を目指します。

  • ハイボルト治療器、微弱電流エレサス

    坐骨神経痛の原因の疾患には、電気治療も有効な場合もあります。ハイボルト治療器に関しては、神経に作用するモードがあり、消炎鎮痛効果、筋緊張の緩和など早期改善が図れます。また、坐骨神経痛は慢性化していることも多く、身体が治りにくい状態になっています。微弱電流エレサスでは、身体と同じような電流を流し、治りやすい環境に身体を整えていきます。

  • 鍼治療

    坐骨神経痛に対する鍼治療は、痛み、しびれをコントロールできます。痛み、しびれのコントロールすることで周りの筋肉の緊張も改善されて負担がかかりにくくなります。また、鍼に電気を流すことで筋肉の緊張の緩和と血流の改善もみられ治りやすい環境に整えていきます。

坐骨神経痛の方へのオススメストレッチ

  • 臀部ストレッチ

    坐骨神経痛の方へのオススメストレッチを紹介します。原因によって、治療法やストレッチのやり方は変わってきます。様々な原因がある中でもやってほしいストレッチは臀部のストレッチです。臀部が硬くなったり、動きが悪くなると痛み、しびれが強くなることがあります。臀部の筋肉のストレッチで、筋肉の柔軟性の改善、血流改善や骨盤の動きの改善に繋がり、原因部分に負担がかからない様にします。

    【臀部ストレッチ】
    ①椅子に浅く腰かけて、片足を膝の上に乗せます。
    ②膝を押さえながら、背筋の伸ばして、お尻を出すように股関節からお辞儀をします。
    この状態で20秒から30秒キープします。足を上げている方のお尻を気持のいいくらい伸ばします。痛みやしびれが出る場合はお控えください。

患部以外の状態もキチンと確認し、なぜ坐骨神経痛が発生したのかを確認し、患部の回復だけでなく、全身状態の調整、再発予防のトレーニングまで行います。

当院ではプロのスポーツ選手と同じように、あなたに合ったプログラムを作成し、健康で美しい、ハイパフォーマンスの身体に導きます。
どこにいっても解消しなかったあなたのお悩み、是非当院にご相談ください。

ご質問やご相談はこちら