交通事故 損害賠償の盲点…

おはようございます。

今日は、損害賠償の意外な盲点をご紹介したいと思います。

皆さん、交通事故に際して損賠賠償を請求するのも時効があるのを知っていましたか?

一般的には「被害者またはその法定代理人が交通事故による加害者及び損害を知った日」、つまり交通事故に遭遇した時から

3年、または交通事故より20年で時効が成立するそうです。

また、「自賠責保険の被害者請求権」は、H22年4月1日より、消滅時効が2年から3年に変更となりました。

示談交渉を続けていたり、訴訟継続中であったりしても、自賠責保険への被害者請求権は時効が進行していきます。

時効を食い止めるためには、「自賠責保険金の被害者請求をする又は時効中断申請書を自賠責保険会社に提出する」と時効が延期されます。

また、時効中断申請書は一部に署名押印し、送れば自賠責保険会社側で新しい時効完成日を記入し、受付印を押して一部を返送してくれるます。

示談が難航している方や訴訟が続いている方は、参考にしてみてはいかがですか?

 

メニュー・料金表 /患者様の声 /院内雰囲気 /初めての方へ /アクセス (守口・北浜

「A.T.長島治療院」  交通事故・むちうち
守口:〒570-0028 守口市本町2-1-12
電話番号:06-6998-7801

地図:守口

北浜:〒541-0046 大阪市中央区平野町2-6-5 みすやビル5F
電話番号:06-6231-6505

地図:北浜

交通事故動画URL  交通事故動