信用できない診断書の全治までの期間

皆さん交通事故治療で、全治見込み期間が短いと思われたことは多々あると思います。

交通事故に遭って受診する病院の診断書の「全治○週間」または「全治○ヶ月」の「全治」というのは、 怪我の度合いにもよりますが、「日常生活が何とかできるようになるのはこのくらいかかる」という程度の全治だそうです。

なので、スポーツや仕事が事故前と同じように出来る様になるという「全治」ではありません。
しかも、警察に届ける為に最初に書いてもらう診断書の「全治見込み」はとても短いです。
実際の全治よりはるかに短く書かれており、ほとんどその期間に治癒することはありません。
短めに書くのは「警察の捜査・取調べをなるべく簡単にさせたい」という配慮からとも言われています。
被害者の全治見込み期間によって警察の捜査・処理の書式が変わり、加害者の処罰・刑罰にも関係してきます。
その為、被害者さんは最初の診断書の「全治見込み」より、現実に全治するのはずっと長くなることを覚悟しておくほうがいいと思われます。

 

メニュー・料金表 /患者様の声 /院内雰囲気 /初めての方へ /アクセス (守口・北浜

「A.T.長島治療院」  交通事故・むちうち
守口:〒570-0028 守口市本町2-1-12
電話番号:06-6998-7801

地図:守口

北浜:〒541-0046 大阪市中央区平野町2-6-5 みすやビル5F
電話番号:06-6231-6505

地図:北浜

交通事故動画URL

  交通事故動画