交通事故の示談交渉でのトラブル Q&A①

今日は、示談交渉でのQ&Aにお答えしたいと思います。

 

1、示談交渉の代理人は、弁護士以外でも出来るのだろうか?

有料で示談代理人となって交渉することは、弁護士以外禁止されています。

但し、保険会社の示談担当者が代理人となって交渉することは認められています。

また、有料の場合は弁護士又は保険会社の示談担当者が交渉を行わないといけませんが、無償の場合は友人等が代理人となって交渉することが可能です。

交通事故の示談交渉では、かつて示談屋(有料で示談交渉し、結果的に多額の費用を請求する業者)が問題となりましたので、示談屋は絶対に利用してはいけません。くれぐれもお気を付け下さい。

 

2、もし、加害者が死亡したとき、被害者は誰と損害賠償の交渉をすればよいのか?

加害者が死亡することはめったにありませんが、無いわけではありません。

こういう事故の場合、任意保険に加入していれば保険会社に損害賠償の被害者請求をすることが出来ます。

しかし、加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者の相続人を探して賠償請求の請求をすることになります。それも相続人が複数の場合、相続分に応じて請求しなければならず、請求手続きは煩雑になります。

 

3、事故により入院しているが、保険会社の担当者は来るが加害者は挨拶にも来ない場合は?

加害者が挨拶に来ない場合は、加害者が任意保険に加入している場合によくみられるそうです。というのは、示談代行付の任意保険の場合、保険会社が示談交渉を行ってくれるので、差向かって出向く必要がないと思っているからです。

こうした場合、損害賠償額に影響するかどうかですが、さほど影響はしないみたいです。

しかし刑事罰では、加害者の誠意が被害者の心情に影響し、刑が軽くなることもあるので、刑事上では重大な影響があります。

 

 

top_slide1

交通事故ページ:http://at-n.net/menu/accidents-muchi/

交通事故動画URL  交通事故動