室内の温度差にご用心!!ヒートショックとは?

最近、ニュースでもよく取り上げられている
ヒートショックと言う言葉ご存知でしょうか?
 
あまり耳にすることが少ないですが
そもそもヒートショックとは、
 
室内の温度が急激に変化し、血圧の上げ下げが
激しく行われることをヒートショックと言います。
体は体温調節するために優れた機能を備わっており、衣服を着ることによって調節することもできますが
血管を縮めたり(収縮)広げたり(拡張)することで体温を調節できるのです。
 image3
しかし、これが裏腹に冬の寒い季節に
部屋は暖かいと思いますが、脱衣所やお風呂場は寒いと思うことはありませんか?
 
室内との温度差は10度前後になることもあるそうです。
1度、体は冷やされ、体は体温を上げようとします!
そしていきなり浴槽に入ろうとすると
ヒートショックが起きたりします!
 
急激な変化により心臓に負担がかかったり
脳血管障害につながったりします!
 
ヒートショックで亡くなられる方は
年間1万人以上の報告も上げられています。
 
[ヒートショックの予防]
1番は温度差を無くすこと!
でも全部の部屋に暖房の設置してることなんて
ほとんどありえないですよね?
暖房をつけ続けるわけにもいないですね。
 
今回は入浴するときの対策を紹介します!
 
浴室暖房があればいいのですが
なければ浴槽にお湯を溜める時
高い位置からシャワーを使い浴槽に溜める方法がありますよ!
そうすればお湯も溜めることもでき、浴室内も温かくすることも可能です。
また、浴槽のフタも開けておいても浴室を温めることもできますね!
 
今回はお風呂場などで起こりえる症状と対策の紹介でした。