【突き指と甘くみないで】スポーツ中・日常生活でも起きるマレットフィンガーとは?

スポーツ中に指を突いた

日常生活で何かに指をぶつけてしまい指が痛い…。

シップをして安静にしておけば治る!

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

突き指だと思っていても、実は靭帯断裂や骨折が起こっていたりします。

 

今回は、突き指と同じような受傷起点で起こりやすい症状について説明します。

 

 

『マレットフィンガー』
野球・バレーボール等の球技中、指を突いて受傷されるケースが多いです。
ベースボールフィンガーやドロップフィンガーとも呼ばれたりします。

 

【受傷起点】

指先にボール等がぶつかり指先が急に曲がり受傷します。

 

【分類】

画像の通り3つの分類に分けられます。

 

image

 

1型:骨折はなく、指先の関節を伸ばす腱が断裂している状態。
2型:骨折を伴いますが、関節を大きくまたぐ骨折ではありません。
              また、腱損傷は認めません。
3型:骨折片が大きく、関節部分を大きくまたがるタイプになっています。
             関節部分では脱臼を生じる場合もあります。

 

マレットフィンガーと診断された場合、固定をしないといけません。

固定をせず治癒してしまった場合、指先が伸びずに治癒してしまいます。
そのような事にならないよう、早期診断・早期処置を行っていきましょう。

 

IMG_4915

 

IMG_4917

 

 A.T.長島治療院では、LIPUS(リーパス又はライプス)と呼ばれる治療器具もご用意しています。
極めて弱い超音波を継続的に振動を細胞に刺激を与える事で治療速度を速める事が出来ます。
毎日、20分当てる事で、最大40%短縮されると考えられています。

骨折の治療だけでなく、捻挫、肉離れ、ぎっくり腰、首の寝違え等早期に使用する事で治癒速度を早めてくれます。