《マタニティピラティス》産後に弱くなった〇〇筋を鍛える!

こんにちは。ピラティス担当の下迫です!

本日は、産後におすすめのピラティスについてお話したいと思います。

 

image

 

 

最近では、マタニティヨガやマタニティピラティスといった、妊婦さん向けのエクササイズがあります。

呼吸をしっかりしながらエクササイズをすることで、出産時の呼吸の練習にもなり、また、体力もつきます。

そして実は、産後の方にもピラティスはおすすめなのです。産後の骨盤矯正をするように、産後にもピラティスをして、鍛えていくべき筋肉があります。

 

その名も『骨盤底筋群』です!!!!!

 

骨盤底筋群とは、骨盤の骨に停止している3層の筋群があり、重力に対して骨盤内にある臓器を支える働きをしています。その3層の筋群は、咳をする、笑う、くしゃみをする、重いものを持ち上げる、そして激しい身体活動をする際に高くなる腹圧を一定に保つ働きをしています。

 

妊娠中は、重い胎盤、羊水、そして赤ちゃんの体重を骨盤の底で支えるので、骨盤底筋群はどんどん伸び、 弱くなっていきます。また出産時膣は赤ちゃんの通り道なのでダメージを受けてしまいます。

ピラティスはこのような骨盤底筋群を鍛えることができるのです。

 

妊婦さんの姿勢は、腰がとても反ったような姿勢になります。そのような姿勢バランスや筋バランスを整えることに、ピラティスはとても有効です。

 

弱くなってしまった筋を鍛えたい、出産前の体型に戻したい、そんな方にはぜひピラティスをおすすめします!

 

 

当院のレッスンについて、詳しくはこちらをご覧ください!

A.T.長島治療院 レッスン

Screenshot_2016-03-18-16-31-36