ピラティスが腰痛のリハビリに効果的?!

みなさん、こんにちは!守口院の下迫です!

本日のブログは、多くの方が悩まされている腰痛ピラティスについてお話したいと思います。

youtsu_woman

 

 

昔はリハビリのためのものだった

 

 

ピラティスはもともと、怪我をした兵隊のリハビリを目的に行われていたものだといわれています。

 

ドイツ人のピラティス氏が誕生させたピラティスのエクササイズは、身体への負担を最小減におさえつつ、身体の深層にある筋肉、つまりインナーマッスルを強化する効果をもたらすと考えられています。

 

身体への負担が少ないため、無理なく機能回復ができるのです。

 

ピラティスは、インナーマッスルを鍛え、正しい姿勢を保つことで腰痛を予防することができるという予防医学の観点からも注目されているエクササイズなのです。

 

 

 

インナーマッスルを鍛えることで予防にもなる

 

腰回りの「コルセット」とも呼ばれている、「腹横筋」「腹斜筋」を強化することで、腰への負担を軽減でき、腰痛の再発防止にもつながります。

 

また、ピラティスはインナーマッスルを強化すると同時に、姿勢を改善し、理想的な身体の動きを身につけることができます。

 

 

 

ピラティスで正しい姿勢・動きを身につける

 

日常生活でついてしまっている姿勢の癖は、意識しなければ矯正することは難しいでしょう・・・

 

しかし、ピラティスを行うことで、意識的に正しい姿勢を覚え、筋肉を使っていくことが可能です。

 

ピラティスでの「ニュートラルポジション」を身につけることによって、正しい姿勢を身体に染み付かせ、腰痛になりにくい身体作りをしていくことができます。

 

IMG_3510

 

 

 

腰痛に悩んでいる方や、姿勢を改善したい方はぜひ一度ピラティスを体験してみてください。

ピラティスのレッスンについてはこちらをご覧ください。((A.T.長島治療院 レッスン))