頚椎椎間板ヘルニア

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 初めは首の痛みだけだったけど、最近は腕や指先がしびれる。
  • 頭を後ろに倒すとしびれ、痛みが強くなる。
  • 首、肩、肩甲骨周りの倦怠感と腕、手に力が入りにくい。
  • 整形外科で首の牽引を受けているがなかなかよくならない。
  • 頚椎椎間板ヘルニアと言われたけどどうしたら良いかわからない。

皆さんも一度は耳にしたことのある「ヘルニア」には、腰だけでなく、首にもよく現れます。

首のヘルニアを「頚椎椎間板ヘルニア」と言います。ただの肩こりと
思って痛みやしびれをほっておくと慢性的な首肩の痛みや腕、指先のしびれ、筋力低下などを残してしまいます。
治療やリハビリを行わないと手術療法になることも稀にあります。そうならないためにも正しい治療と専門的なリハビリが必要になってきます。

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

頚椎椎間板ヘルニアとは?

  • 頚椎椎間板ヘルニア

    頚椎椎間板ヘルニアは、首の背骨の頚椎と頚椎の間にあるクッションの役割を果たす「椎間板」が加齢、過度の負荷、外傷などによって後方に飛び出すことによって起こります。
    飛び出したヘルニア部分が神経根や脊髄を圧迫することで、痛み、しびれ、知覚鈍麻、筋力低下などを引き起こします。

頚椎椎間板ヘルニアの症状は?

頚椎椎間板ヘルニアの症状は大きく分けて、神経根のみの圧迫症状の「神経根症状型」、脊髄の圧迫症状のある「脊髄症型」、この二つを併せ持つ「脊髄神経根型」があります。以下の症状は首を後ろに倒したときに増強し、普段の姿勢やスポーツの時にも注意が必要になってきます。

  • ⓵神経根型

    ・首から上肢にかけての放散痛
    ・しびれ
    ・首を後ろに倒すと痛み、しびれの増強
    ・神経の支配する部位の知覚鈍麻、筋力低下

  • ②脊髄圧迫型

    ・首から上肢にかけての放散痛
    ・しびれ
    ・首を後ろに倒すと痛み、しびれの増強
    ・圧迫部位以下の運動、感覚の障害
    ※症状が進行すると手足のマヒ、歩行障害も起こすことがある。

頚椎椎間板ヘルニアをほっておくとどうなるのか?

頚椎椎間板ヘルニアをほっておくと、痛み、しびれに加え、腕や指先の感覚が鈍くなる知覚障害や物がつかみにく、腕に力が入らないなどの筋力の低下を起こしてしまいます。
また、痛みやしびれなどで慢性的な首、肩の筋緊張を招き、首こり、肩こりや可動域の制限にも繋がります。脊髄圧迫型では、手足のマヒや歩行障害もきたすこともあります。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法は?

頚椎椎間板ヘルニアの整形外科での治療法は、急性期の激しい疼痛がある時期は、安静、頚部牽引を行い、消炎鎮痛剤の投薬が行われます。
通常2~3週程度で痛みは軽減しますが、軽減しない場合は、神経根ブロック注射も行われることもあります。2ヶ月間の保存療法で痛み、しびれでの日常生活など支障をきたす場合は手術になることもあります。

  • 当院での治療方法

    当院での頚椎椎間板ヘルニアの治療法は、初めに検査、評価などでストレスのかかっている神経を特定していきます。痛みやしびれに伴って現れる筋緊張や可動域制限の改善のためにマッサージ、ストレッチ、牽引などを行い症状を緩和させていきます。痛み、しびれや筋力低下などの症状の強い場合は、提携の病院と連携し治療していきます。
    また、頚椎椎間板ヘルニアは不良姿勢や長時間の同じ姿勢などでも悪化することが多く、骨盤の歪みや肩甲骨、胸周りの動きの改善させる必要もあり、当院では、根本的な改善を目指して治療、リハビリを行っていきます。

頚椎椎間板ヘルニアの方のオススメ治療

  • ハイボルト治療器

    急性期は炎症を早く引かせるために、当院では微弱電流を用いて治療を行います。また当院のハイボルト治療器は使用するモードを変更することで急性期の炎症軽減だけでなく、疼痛の緩和なども可能です。頚椎椎間板ヘルニアのような神経の炎症にも効果的です。

  • 鍼治療

    頚椎椎間板ヘルニアに対する鍼治療は、痛み、しびれをコントロールできます。痛み、しびれのコントロールすることで周りの筋肉の緊張も改善されて負担がかかりにくくなります。また、鍼に電気を流すことで筋肉の緊張の緩和と血流の改善もみられ治りやすい環境に整えていきます。

  • 頚椎椎間板ヘルニアのオススメエクササイズ

    〇肩甲骨回し
    頚椎椎間板ヘルニアに対するエクササイズは、首から肩甲骨についている筋肉を動かして肩甲骨の位置を整え、首に負担のかからないようにしていくことが重要です。

    ①肘を曲げて手で肩を触ります。
    ②肘で円を描くように肩を回します。

    ※肩を回すのですが、ここで意識してほしいのが肩甲骨です。肘を後ろにするときは、肩甲骨を内側によせて、肘を前にするときには肩甲骨を外に動かします。
    肩をすくめたり、首を後ろに倒さないように注意してください。

  • 骨盤矯正×筋肉調整で頚椎椎間板ヘルニアに負担がかからないように

    私たち「プロのトレーナー」が行う「骨盤矯正」は、「骨格を矯正すること」を目的とするのではなく、「正しいポジションを筋肉と骨格に記憶させること」に焦点を置いています。

    そのため、「骨盤矯正×筋肉調整」では
    ・正しいポジションに、筋肉の状態を「再教育すること」
    ・痛みがない状態での矯正
    ・骨盤の状態を安定させること
    ・状態によって「安定させる関節」と、「ゆるめる関節」を使い分ける技術
    ・日常生活で簡単にできる姿勢矯正法
    を念頭にオーダーメイドの施術を行なっています。

    骨盤矯正×筋肉調整のコースでは、脊椎や肩甲骨の可動域を上げ正しいポジションへと再教育を行うことで筋肉への負担を軽減し、ヘルニア部分に負担のかからないようにします。

頚椎椎間板ヘルニアの治療例

  • 痛み、しびれが強い時期(急性期)

    まず初めに、痛みやしびれに対してのアプローチを行います。急性の痛み、しびれに対しては、急性期にも効果がある微弱電流やハイボルテージを使用し、痛み、しびれを落としていきます。
    痛み、しびれが減少してくると痛み、しびれによって出てきた、肩、肩甲骨、腕などの筋緊張の緩和と血流改善のためにマッサージを行います。首の角度などに注意しながら、少しづつ首の筋肉の緊張を取るようにマッサージ、ストレッチを行っていきます。

  • 痛み、しびれが落ち着いたら・・・(慢性期)

    痛み、しびれが落ちついてきたら、痛み、しびれが出ないような姿勢、動き作りをしていく為の治療を行っていきます。首、肩、肩甲骨周りの深部の筋肉に刺激を入れて、正しい関節の動きに導いていきます。マッサージの他に首のストレッチ、牽引を行って頚椎の並びを整えます。

患部以外の状態もキチンと確認し、なぜ頚椎椎間板ヘルニアが発生したのかを確認し、患部の回復だけでなく、全身状態の調整、再発予防のトレーニングまで行います。

当院ではプロのスポーツ選手と同じように、あなたにあったプログラムを作成し、健康で美しい、ハイパフォーマンスな身体へと導きます。
どこにいっても解消しなかったあなたのお悩み、是非当院へご相談下さい。

首のお悩みのお客様の声

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ご質問やご相談はこちら