肩のスポーツ障害<大阪・守口市、北浜>肩関節脱臼、肩腱板損傷、SLAP病変

肩のスポーツ障害

~肩関節前方脱臼、肩鎖関節脱臼、肩腱板損傷、SLAP病変~

単純に肩の痛みといっても、筋肉の柔軟性が原因であったり、肩や肩甲骨周辺の筋力が弱くなるのが原因であったり、時には下半身から柔軟性の不足や筋力低下により痛みがでることもあります。状態によっては、放っておくと、肩だけ痛めるのではなく肘を痛めたり、手のしびれも出ることもあります。まずは、早い段階で原因をはっきりさせて、適切な処置を受けることが重要です。当院では、野球・テニス・バドミントン・アメフト・バレー・サッカー・柔道・ラグビーをされる方に、肩の症状が多く見られます。通常の治療では、電気治療やマッサージのみの場合もありますが、原因が他の部位にある恐れもあるので、当院では、肩だけでなく全身の状態を検査し、最新の微弱電流機器と手技・ストレッチや骨盤矯正、障害部位のトレーニングを通して根本からの治療・機能改善を行います。

 

《肩のスポーツ障害》

肩関節前方脱臼 

肩関節前方脱臼はスポーツ活動中の受傷が圧倒的に多く、ラグビーやアメフト、サッカー、バスケット、柔道などのコンタクトスポーツやスキー、スノーボード、野球などの転倒やスライディングで発症することが多いです。

受傷機転としては、転倒して体側よりも後ろへ腕を突いた場合や腕を挙げたまま後ろへ持っていかれた場合に起こります。肩関節前方脱臼の場合、急性期からしっかり処置をしないと習慣性に抜けたり、比較的軽微な外力で起こるようになり、ちょっとしたスポーツ動作で脱臼したり不安感を訴えるようになり、ひどい場合は寝返りやあくびで脱臼することもあります。

 

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼は、鎖骨外端と肩甲骨外端(肩峰)の関節が脱臼することを言います。

発生機転としては転倒などにより直接肩を強打した場合に見られ、よく起こる競技としてはラグビーや柔道、アメフトなどのコンタクト競技、スノーボードや競輪などの落車で受傷することが多いです。

損傷程度の分類において、Ⅰ度は肩鎖関節脱臼のみで、Ⅱ度では肩鎖関節脱臼と靭帯の部分断裂が伴い、Ⅲ度では肩鎖関節脱臼と靭帯の完全断裂が伴い、Ⅳ~Ⅵ度においては肩鎖関節脱臼と靭帯の完全断裂に僧帽筋と三角筋の損傷も伴い、ここまで損傷すると手術療法は不可欠となります。またⅡ度以上の損傷になってくると外見上患側の鎖骨が浮き上がるため容易に診断することが出来ます。

肩鎖関節脱臼は、スポーツ現場においてⅠ度からⅢ度の損傷が圧倒的に多く認められます。

肩鎖関節脱臼Ⅰ度の場合、関節円盤(関節と関節の整合性高めるもの)の損傷が起こっている事が多く、競技者や腕を上げて仕事をする方は、継続的に痛みの刺激が出現する為、二次的に肩鎖関節症を招くことがあります。

110131x


肩腱板損傷 

肩腱板損傷は、肩を支える筋肉の損傷の事を言い、腱板損傷は加齢によって何らかの外力が加わって発症することが多い為50歳以上中高年に多い疾患です。スポーツ競技の分野においては、強く大きな外力が加わった場合に限って発症するが、比較的発症頻度は少ない。腱板損傷の多くは、棘上筋腱と棘下筋腱に起こることが多く、受傷当初は炎症により夜間痛や安静時痛が顕著で、時間経過と共に局所の炎症は消失するが肩の引っかかりや脱力現象などの機能不全が顕著に認められます。

 


SLAP病変

SLAP病変とは、肩関節の上方関節唇剥離の事を示し、関節の大きさや深さを補い関節の安定性を高める関節唇が剥がれる状態のことを言います。発生機転としては投球動作以外にはヘッドスライディングで肩を捻ったり、ダイビングキャッチで肩を強く打った際に起こることが多いです。

肩を脱臼した際、同時に損傷することもあります。野球選手では投球時、コッキング期から加速期での肩の痛みや違和感を感じることが多いです。

一度剥がれた関節唇は自然に治る事はありませんが、痛みが軽減することがあるのでしっかり治療を行いましょう。治療を行ってもなかなか症状が改善しない場合は手術になることもあります。

shoulder

《当院の施術》

当整骨院の肩の施術は、急性期はアイシングや「最新の物理療法機器」による電気治療を行いますが、その後は、プロスポーツ選手に用いる「スポーツマッサージ」と「ストレッチ」を施すことによって、回復期間を短期間にすることが可能です。腰痛

また、一時的な痛みの改善だけでなく、怪我した箇所の周辺部分の関節や筋肉についても適切な処置を施し、「機能改善」「怪我・障害からの社会復帰」から、「パフォーマンスアップ」「疲れないからだづくり」に繋がる施術を行っております。

プロのアスレティックトレーナーによる「スポーツマッサージ」と「ストレッチ」

私たちは、「アスレティックトレーナー」と呼ばれるトレーナーのプロとして、阪神タイガースの選手など、トップアスリートに対して、トレーニングやコンディショニングを行っています。

A.T.長島治療院では、「本物のプロに提供するクオリティを、一般の方に提供したい」というコンセプトで、根本治療、機能改善、パフォーマンスアップを目的とした「プロの選手が受ける施術」を提供することにこだわります。

 

<なぜ、スポーツマッサージ・ストレッチが肩のスポーツ障害に効果的なのか>

肩関節前方脱臼、肩鎖関節脱臼、肩腱板損傷、SLAP病変は、炎症が起きている筋肉周辺の関節にも支障がでます。

この原因に対して、

「関節可動域の改善」

「関節安定性の確保」

「筋肉の柔軟性の回復」

を目的とした、専門的なスポーツマッサージとストレッチを当院では行います。

肩の痛みが、「どこに行っても治らなかった」「早期回復させたい」「怪我の後に後遺症を残したくない」という方にこそ、受けて頂きたい施術です。

 

《お客様の声》

 

※「免責事項」
お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

《予約、申込方法、アクセス》

当院は予約優先性です。

直前でもかまいませんのでご予約されることをおすすめ致します。

 

メニュー・料金表 /患者様の声 /院内雰囲気 /初めての方へ /アクセス 守口北浜

「A.T.長島治療院」  http://at-n.net/

守口:〒570-0028 守口市本町2-1-12

電話番号:06-6998-7801

地図:守口

北浜:〒541-0046 大阪市中央区平野町2-6-5 みすやビル5F

電話番号:06-6231-6505

地図:北浜

長島治療院 北浜長島治療院 北浜