野球肘(内側型・外側型)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 整形外科を受診して野球肘と言われたが、湿布を渡されて安静にして下さいとしか言われませんでした
  • 野球肘を一刻も早く治したいのですが、何をしたらいいのか分からない
  • 何度も再発する野球肘を、根本的に治したい
  • 野球肘をしてからパフォーマンスが低下してしまって、思うように動けない

当院に来られる患者様からこのようなお話をよく聞きます。

たしかに野球肘を受傷した直後は安静にすることは大事なことですが、それだけでは早期復帰が出来ないだけでなく再発のリスクも残ってしまいます。

早期に競技復帰するためには野球肘とはどのようなメカニズムで起こるケガなのかを理解し、正しい治療と再発予防のトレーニングやセルフケアの実施が大きな鍵となります。

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

野球肘とは?

野球肘とは、投球動作の繰り返しによって肘関節に生じる疼痛性障害の総称で、その中には肘関節の多くの病変が含まれます。

【内側型代表例】内側側副靭帯損傷

投球動作の繰り返しにより、肘の外反(外側に広がること)を制御する内側側副靭帯が障害され発症します。スノボーやラグビーでの転倒のような1回の外力で靱帯が完全に断裂する場合と異なり、野球肘では繰り返す牽引により靱帯が「伸びた」状態になっていることがほとんどです。
これは、靱帯の小さな断裂の繰り返しや変性(靭帯組織の劣化)によるもので、劣化したゴムに例えられます。成長期においてはまだ完全に骨化していない内側上顆の内側側副靭帯付着部に骨軟骨障害(剥離骨折)が生じ、成人後は内側側副靭帯自体に断裂が生じます。



【外側型代表例】離断性骨軟骨炎

肘離断性骨軟骨炎、上腕骨小頭骨軟骨障害とも呼ばれ、小学校高学年から中学校低学年に初発することが多い、野球肘外側型障害の代表的なものです。繰り返す投球動作における外反ストレスにより、上腕骨小頭(肘関節を形成する上腕骨の遠位端の外側部の球状の部位)の骨軟骨が変性、壊死を生じるものです。

  • 以下の様な特徴をお持ちの方は特に野球肘が発生しやすい状態です

    ・筋力不足
    ・筋力のアンバランス
    ・柔軟性の欠如
    ・オーバーワークによる筋疲労
    ・ウォーミングアップ不足

野球肘の症状は?

野球肘内側型(内側側副靭帯損傷)

主な症状は投球時の肘関節内側の痛みです。とくに、コッキング期から加速期に痛みが起こります。日常動作では無症状のことがほとんどですが、重症例では日常動作で肘の不安定感(ぐらつく感じ)、痛みを訴えるケースもあります。また、頻度は低いですが、不安定性により肘の内側を走行する尺骨神経が障害され、手の小指側にしびれや感覚障害が生じることもあります。

野球肘外側型(離断性骨軟骨炎)

主な症状は肘関節の運動時痛(伸展・屈曲時に生じる痛み)や可動域制限(動きの制限)です。症状が進行すると、病巣部の骨軟骨片が遊離して関節内遊離体(別名:関節ネズミ)になると、引っ掛かり感やロッキング(遊離体が関節の中に挟まり、肘関節がある角度で動かなくなること)をきたし、滑膜炎と呼ばれる関節内の炎症を起こすこともあります。

    野球肘を放っておくとどうなるのか?

    野球肘を放っておくと、筋肉が固まり柔軟性の低下や関節の可動域(身体の動く範囲)の制限が起こります。

    野球肘を正しく治しておらず、原因を根本的に治療できていないから、また同じように野球肘をするといった方がとても多くおられます。

    また野球肘は、怪我をした箇所をかばうように活動するため、野球肘の再発のリスクが高まるだけでなく、身体の他の箇所の痛みが発生する可能性も高まります。

    スポーツ活動をしていく上で野球肘の治療を行わない、または途中で中止してしまうことはとても危険です。

    野球肘に対する治療法は?

    • 野球肘の治療は一般的に保存療法(リハビリ)で行われます。

      病院などでの一般的な野球肘の治療は以下の通りです。

      ・安静指導
      ・湿布薬の処方
      ・痛み止めの処方 など


      整形外科などでの野球肘の治療は、多くの場合、安静指示や湿布の処方、痛み止めの処方で終わることが多く、競技復帰までの治療やリハビリを受けられる施設は少ないのが現状です。


      そのため、十分な治療が受けられず復帰が早すぎ肉離れを再発してしまう方、いつからスポーツ活動していいのか分からず安静期間が長すぎ筋力低下してしまっている方、不安感が強くスポーツをやめてしまわれた方も多くおられます。


      また、患部の治療を適切に行ってくれる病院でも、患部外の状態を確認する病院は少なく、再発のリスクまで考慮できていないケースや、患部以外に痛み出てくることで生活にも支障がでるケースもございます。

    野球肘の方のオススメ治療

    • ハイボルト治療器

      急性期は炎症を早く引かせるために、アイシングや圧迫、固定などの基本処置と併せて、当院では微弱電流を用いて治療を行います。

      また当院のハイボルト治療器は使用するモードを変更することで急性期の炎症軽減だけでなく、疼痛の緩和なども可能です。

    • LIPUS(低出力超音波パルス)

      プロスポーツ選手御用達! LIPUSは細胞を活性化させることにより組織の再生が早まり、負傷部位の早期回復が期待できます。骨折や捻挫など急性の怪我の治癒に効果的です。

    • 鍼治療

      急性期以降、肉離れの影響による可動域制限や柔軟性の低下、患部の違和感などへの治療として当院では鍼治療をオススメいたします。

    • アスリハコース

      痛みが軽減し、競技復帰を目指す方や再発予防の為のコースです。

      当院では、患者様の状態に合わせて競技復帰までのトレーニングや再発予防、パフォーマンスアップのトレーニングを行っております。

      痛みがなくなったから、競技復帰という安易な計画ではなく、きちんと身体の状態を復帰させることで「癖になる」を起こさせません。

    野球肘の治療例

    • 急性期

      受傷した時点で、大量の内出血を伴い、炎症反応が起こります。

      この炎症反応を最小限に抑えるために、受傷後直ちにアイシング処置を行うことが重要です。
      アイシングを行うことで血液の流れが鈍くなり、患部への「血液の過度な集中」を抑えることが出来ます。
      アイシングと併せて、バンテージなどで患部を圧迫・固定することも大切です。

      基本的な応急処置に加えて、当院では患者様の症状に合わせて、微弱電流など最新の治療器を用いることで急性期の炎症や痛みなど様々な症状を早期軽減させるような治療も行っております。

      さらに、患者様自身でもご自宅でアイシングを正しく行って頂くことでより回復が早まります。
      15~20分間の氷を用いた患部のアイシングが基本ですが、患者様の状態に合わせて担当スタッフから直接ご指導いたします。

    • 急性期以降

      プロスポーツ選手に用いる「スポーツマッサージ」と「ストレッチ」を施すことによって、回復期間を短期間にすることが可能です。
      また、野球肘は投球フォームが悪く発生していことが多いです。シャドーピッチングなどを行い正しい投球フォームを指導していきます。

      一時的な痛みの改善だけでなく、怪我した箇所の周辺部分の関節や筋肉についても適切な処置を施し、「機能改善」「怪我・障害からの社会復帰」から、「パフォーマンスアップ」「疲れないからだづくり」に繋がる施術を行っております。

    • <おすすめトレーニング>野球肘の場合

      投球時、ステップ脚(右投げの場合左脚)の股関節の回旋が不十分で、股関節の回旋が途中で止まってしまうがためにボールのリリースが早くなってしまう可能性があります。

      ハムストリングスのストレッチがオススメです。
      仰向けの上体で片足にタオルをかけて膝をしっかりとのばします。太ももの裏が伸びが感じられるように行ってください。

    このように、痛みがなくなったら即スポーツ復帰出来る訳ではなく、きちんとリハビリを行って、競技復帰することが再発予防のためにはとても大切です。

    また、患部以外の状態もキチンと確認し、なぜ野球肘が発生したのかを確認し、患部の回復だけでなく、全身状態の調整、再発予防のトレーニングまで行います。

    お客様の声(投球障害)

    ※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

    ご質問やご相談はこちら