紫外線の敵にも種類が…!?

皆さんこんにちは(`・ω・´)!

暑さが続いていますが、体調はいかがでしょうか??

小林です!

 

 

今日は『紫外線の種類』についてご紹介します☆★

 

 

そもそも、紫外線とはどういったものなのかご存知ですか?

 

 

まず、紫外線とは太陽から出ているもので、太陽からの光は、波長により【赤外線】・【可視光線】・【紫外線】の3種類が発生しています。

紫外線は、太陽の光の中では波長が短く一番エネルギーが高い光です。

その中でも、波長によってUV-A」「UV-B」「UV-Cの3つに分類されます。

 

 

今回は、

太陽 >> 赤外線・可視光線・紫外線 >> UV-A・UV-B・UV-C ←←←ココのお話!!

 

 

 

 

UV-A

 

 

UV-Aは、お肌の表皮を突き進み、真皮にまで到達します。

地表に届く紫外線量の約95%がUV-Aです。

UV-Bほどの強さはありませんが、じわじわと肌の奥深くまで浸透し、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、しわ・たるみなど老化の原因になります。

雲も窓ガラスも通過するので、直接光を浴びなくても日焼け止めを怠ってはいけませんね!

 

 

UV-A

 

 

UV-B

 

 

主に表皮を赤くさせ炎症を引き起こします。

分かりやすく言えば『やけど』ですね・・・

地表に届く約5%と言われています。

表皮のDNAや細胞膜を破壊し、表皮に炎症や火傷といった皮膚のトラブルや、メラニン色素を増加させて日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こす原因が、UV-Bなのです。

地上に届く紫外線総量の10%にも満たないのですが、人体に与える影響はUVAより圧倒的に強く、有害性はUVAの600~1000倍近いわれています。

対策としては、SPFの高い日焼け止めを活用することで症状がかなり軽減できます。

 

UV-B

 

 

 

 

UV-C

 

 

UV-Cは、UV-B波より有害な紫外線ですので、皮膚がんの原因になりやすいとされています。

 

通常は、オゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったのですが、近年のオゾン層破壊によってその危険性が危惧されています。

 

現在、UV-Cが地表に届く確立は低く、通常の日焼け対策でOKですが、

今後どうなるのかわかりません。恐ろしいですね、UV-C…(@_@;)!

 

しみ、しわ、たるみの原因はもちろん、短時間当たるだけで遺伝子をぼろぼろに破壊するという

強力な紫外線ですので、今後十分に気をつけていきたいです。

日焼け対策、しっかりしていきましょう\( ^o^ )/★

 

 

スタッフの小林は、夏が大好きでこの時期はよく外に出るので日焼け対策に

日焼け止め・HITOYURAI美容液・美容鍼をしていますよ~!

 

 

IMG_0730

↑ これは下迫先生に鍼をしてもらったときの動画です♪

 

 

「もう遅いやろ!」と思ってらっしゃるそこのあなた!

遅くありません!

紫外線が強くなるのは夏だけではありませんよ!

秋も紫外線は強い時期。

これからのケアが大切になりそうですね♪♪