子どもにも起こる扁平足?

さまざまな年齢でみられる扁平足。

名前だけでも聞いたことある方も多いと思いますが、

そもそも扁平足とは、足の裏の「土踏まず」がない状態のことをいいます。

内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチが構成され、骨が弓形に並び作られています。

主に、衝撃を吸収する役割をしています。そのため、アーチが低下すると足に負担がかかり

足底部が痛んだり、歩き過ぎるとだるさや、疲労感などがでたりします。

 

 

image1[1]

 

 

ところで生まれたての赤ちゃんはみんな扁平足なの知ってましたか?

最初はみんななかったものなのです。

歩き始めるようになり成長するとともにアーチが形成されていきます。

 

ですが、近年の子どもは扁平足またはアーチが低い状態になっていることが増えてきてます。

理由として、家でゲームなどすることが増えて外で遊ぶことが少なくなってきています。

元々扁平足状態の子供が運動しなければ筋肉が未発達せず、アーチがつくなれなくなります。

歩くときにバランスがとれず、転びやすくなったり、足に負担がかかり

足やその他の場所も痛めたりケガにもつながります。

 

なので早い段階からならないために

外で遊ばせてあげてください。

運動させることで足の筋肉、関節の強化が期待できます。

それと家に居るときは裸足で過ごす習慣をつけましょう。

裸足にさせるときは足の指をしっかり使ってるか確認してあげてください。

生活習慣を見直すことで予防になりますので意識してみてあげてください。