《安静だけでは治らない!》五十肩、四十肩の正しい治療法

主に40~60歳の中年以降に見られる“四十肩”、“五十肩”。

この“四十肩”、“五十肩”という名前は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

骨模型 肩関節 (3)

 

【四十肩、五十肩とは…】

四十肩、五十肩はあくまで俗称で、正式には肩関節周囲炎の1つとされています。

 

定義としては

①肩に痛みがある

②痛くて肩の動く範囲が制限されている

③肩の痛みに明らかな発生原因がない

④レントゲンやMRIを撮影しても骨折などの異常所見が見られない

⑤年齢が40~60歳である(多少前後する)

と、これらに当てはまるものを一般的に四十肩、五十肩と呼んでいます。

 

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)という名称には肩に起こるさまざまな病理変化を含んでおり

・腱板損傷

・腱板炎

・上腕二頭筋長頭腱炎

・肩峰下滑液包炎

・癒着性関節包炎

なども、肩関節周囲炎に含まれます。

pain35

【病期】

一般的に肩関節周囲炎は

①急性炎症期

②移行期:

③凍結期

の三期に分類されます。

 

【治療】

①急性炎症期:痛みが慢性疼痛化しないようにアイシングや電気治療を行います。

肩関節周辺組織のリラクゼーションも合わせて行いますが、過度な関節運動は疼痛を強いる為に禁忌です。

 

アイシング (5)

 

 

②移行期:腱板筋の反射性筋収縮に注意しながら拘縮治療を中心に行います。

 

2016-05-12 14.29.23

 

③凍結期:ストレッチング、トレーニングなどの運動療法、温熱療法による組織のリラクゼーション、拘縮治療などを行います。

 

写真 4 (52)

 

痛みのある範囲でストレッチングを行うことは組織損傷や腱板筋のスパズムの増強等を生み、良くありません。

 

 

 

“放っておけば治る”は治癒時期を遅らせるだけでなく、五十肩以外の大きな痛みの原因を見落とす可能性もあります。

 

安易に考えるのではなく、キチンと治療を行うことをお勧めいたします。

 

どこに行っても治らなかった肩の痛みにお悩みの方!!

当院でもう一度、元の身体を取り戻しましょう(^_^)

 

top_slide1 (1)