繰り返される恐怖の痛み!ぎっくり腰とは!?

こんにちは!

最近、多くの腰痛の患者様が当院に来院されています。

その中でもよく耳にする、【ぎっくり腰】になられて来院される方が、多くいらっしゃいます。

皆さん1度は、【ぎっくり腰】という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ぎっくり腰とは?

西洋では「魔女の一撃」という怖い名前までついているのですが、油断しているところを攻撃されたようにいきなり激痛が出るのが特徴です。

例えば、物を持ち上げようとした時や姿勢を変えようとした時、顔を洗おうと中腰になった時、くしゃみや咳をした時、ひどい場合はお腹や背中にぎゅっと力を入れただけでも発生します。

 

専門用語では急性の腰椎捻挫、腰部挫傷とよばれていて、多くの場合3日~1週間程度で痛みは引いてきますが、痛みが引いているだけで完全に完治したわけではありません。

治療をせずにほっておくと何回も繰り返し起こってしまうのが特徴です。

 

痛みを発生させてしまった動きが悪いわけではなく、多くの場合がそれまでの蓄積された筋疲労・筋緊張や柔軟性の低下が原因で起こることが多いです。

身体の歪みや筋力のバランス、日常動作なども関係してくるので日頃からのケアがとても重要になります。

ぎっくり腰になりやすい特徴

 

足を組む癖はありませんか?

鞄を同じ方の肩にばかりかけていませんか?

デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢が長時間続いていませんか?

運動後やトレーニング後のケアはしっかりしていますか?

昔の足首の捻挫などを放置されたりしていませんか?

適度な運動、規則正しい生活ができていますか?

負荷をかけすぎた運動はしていませんか?

などなど、

1つでもチェックがあればぎっくり腰になる可能性が他の人より高いと自覚してください。

 

 

それだけのことで!?と思う方もたくさんおられるとおもいますが、

本当に「それだけのこと」がぎっくり腰の原因になってしまうんです!

 

急性期に治療を怠ると慢性的な腰痛が残り、今まで何気なくしていた動作でギクッときてしまい、そこからはいつ起こるかわからない恐怖とずっと付き合っていかなければならないわけです。

もうぎっくり腰になれている方は「もうそろそろなりそうな感じ」がわかるといわれる方もいらっしゃいます。

症状

腰を使う動作や腰に負担をかける姿勢を続けることで、腰の筋肉、筋膜が損傷して炎症を起こしたり、過度に緊張した状態になって痛みが発生します。

腰の運動痛、腰の運動制限、腰を押したときの痛みなど

が見られます。

ヘルニアや腰椎分離症などのように明らかな画像所見が見られません。

予防法

図のように椅子に座って頂き、足を伸ばします。

 

IMG_4292

 

次に、足を伸ばして前にかがんで行きます。

 

太ももの裏がストレッチされていればOKです。

 

 

 

次に、お尻のストレッチを行っていきます。

 

 

図のように、足をかけて座ります。

 

 

次に図のように、身体を前にかがんで行きます。

お尻にストレッチ感を感じていればOKです。

 

ストレッチを行う際は、無理にせず気持ちの良い所で20秒キープするようにして下さい。

 

無理に行うことにより、別の場所を痛めてしまう可能性があります。

当院の治療

当院では、痛みを緩和・治癒促進には微弱電流やハイボルテージを状態に合わせてあてたり、

筋緊張を取り柔軟性を出していくためには手技やストレッチ、鍼灸治療を

筋力のバランスや歪みを整えるには、骨盤調整やトレーニングを

その後再発を防ぐためにお家でできるストレッチやトレーニングのケアなどもお伝えしていきます。

一人一人に合わせたオーダーメイドの治療をしていきます。

 

繰り返しをなくしていくのもそうですが、本来ぎっくり腰にならない体が理想だと思います(*^^*)

 

必要があれば適切な医療機関への紹介も行っておりますので、お気軽に一度ご相談くださいね!

 

addfriends_ja