【交通事故に遭遇したら!?】

こんにちは!長島治療院です。

 

 

今回は、交通事故に遭遇した際の対応について説明していきます。

 

 

 

~事故直後~

警察に来てもらい現場検証をしてもらいます。
ただ頭部にケガをした場合はむやみに動かないようにしましょう。

 

そして今後の賠償を請求する相手を特定しなければなりませんので加害者側の連絡先、加入している保険会社を確認して控えておいて下さい。

 

 

 

①病院に行き診断書を書いて貰う。

 

医療機関の受診

事故直後は気が動転して症状は無くても、むちうち症状等はその後に現れる事がありますので病院でしっかり検査を受けましょう。

 

 

 

交通事故直後

保険会社に事故の連絡をし、病院・整形外科へ行き必ず診てもらいましょう。そこで、痛みのある箇所は全てレントゲンを撮ってもらうように先生にお願いする事をお勧めします。
後々から違う部位に痛みが出た場合も必ず診てもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

病院・整形外科

交通事故に遭ってしまい、痛みが出たらまずは病院や整形外科にいって画像検査をしてもらうのが一般的です。

警察への届け出等もあるので診断書をもらいましょう。その診断書をもとに整骨院も治療を行います。

投薬、画像診断は接骨院ではできないことです。

しかし、骨に異常が診られないむちうち症などの怪我の場合の治療に関しては湿布と痛み止めをくれる程度で済まされる事が多いようです。リハビリをしてくれる整形外科でも温熱・低周波・干渉波・牽引治療程度の対症療法的な治療、リハビリしかしない事が一般的です。

 

 

 

 

 

②警察に行き、事故証明書を受け取る。

 

最寄りの警察へ病院での診断書を提出し交通事故証明書を発行して下さい。
これがないと交通事故(人身)の治療が受けられないですし、賠償金も発生しなくなります。

 

 

 

 

 

③当院受診する前に、保険会社に電話で当院を受診することをお伝えください。

 

整骨院・接骨院
整骨院・接骨院は画像診断が出来ません。

骨折の治療も行えますが、応急処置を除いて整形外科のドクターの同意が必要になります。

しかし、外傷性頸椎捻挫、通称むちうち症や腰椎捻挫、打撲・挫傷、骨折の後療に関しては整骨院・接骨院でもしっかり治療していくことができます。

実際に当院でも病院・整形外科さんで経過を見つつ、治療にこられている方も多くいらっしゃいます。当整骨院では病院・整形外科さんと同様に電気治療なども行ないますが、
基本的に患者さんの状態にあわせたオーダーメイドの治療をしております。

 

 

 

転院の方法について

 

医療機関から整骨院へ転院する時は手続きのために書類を書いたりと大変なイメージがあるかと思いますが、実はそんなことはありません。基本は保険担当者に転院する医療機関の情報を伝えるだけで完了です。

 

ただ、多くの方はご自身のお身体よりも、手続きや保険会社等と揉めることに面倒さを非常に感じ、最適な施術を断念してしまうことを選択されます。
しかし、時間が経ってからではケガの治癒に時間がかかってしまったり、治療も自己負担になってしまったり良いことは一つもありません・・・。

 

 

 

 

 

④当院を受診し、保険会社、保険会社の担当、保険会社の電話番号をお伝えください。

 

 

交通事故にあって整骨院に行かないでくださいと保険会社に言われたという話もよくおうかがいします。
決めるのは患者さん自身であり保険会社は関係ありません。
最初に選ぶ医療機関はもちろんですが、
転院先の医療機関についても患者様に意思決定権があるので覚えておきましょう。

 

 

もし、わからないことがあれば気軽にスタッフへお声かけください!

初期治療が大切になり、やっぱりしておけば良かったと後悔しないようにスタッフ一同ベストな治療を行っていきます!