意外と多い!?交通事故での腕の怪我、手の痺れ

 

交通事故で腕・手指の怪我をされた方で、お困りの方はたくさん居られると思います。

「骨に異常が無いと言われたが・・・痛みがとれない」とか「骨はついたのに・・・関節が動かなくて痛い」とか「捻挫の診断だけど・・・湿布と痛み止めだけ?」、「ギプスはとれたけど・・・リハビリはしてくれないの?」、「事故に遭ってから直接ぶつけたわけでもないのに手足にしびれが出る・・・」などなど…

 

事故 ブログ用

交通事故で多い怪我は足の怪我で、2番目に多いのは腕・手指の怪我…。
腕や手指の怪我は、バイク・自転車・歩行者と自動車の交通事故で発生する確率が高くなります。
怪我の主な原因としては、ハンドルを握っていた手首の怪我やダッシュボード・フロントガラスにぶつける、バイクで転倒するなどをして負傷します。

そしてしびれが起こる主な原因は脳や脊髄の病気または神経の圧迫によるもの内科的疾患、さらには血流不良によるものなどが考えられます。

交通事故後のしびれでの主な原因は、筋肉が硬くなり神経を圧迫したことにより起こるものや、血流不良などが多いのではないかとおもわれますが、頭を打ったり強く体を打ったりしたときは、脳や脊髄、内科的疾患の可能性も考えられます。

また、事故の際は精神的ショックも大きく関係してくるので自律神経障害やストレスなどでもしびれが起こることがあるとされています。

 

 

交通事故での手・腕の怪我と言っても骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどがあり、治療時期や程度によっても病院で治療する事が良い事もあれば、整骨院で治療する事が最適な場合もあります。

しかし、それは患者さんには分からない事だと思いますし、知っている方が少ないと言うのが今の現状です…。
全て病院で治療する事が、最適だと思っている事が多いみたいですが、治療時期・怪我の種類によっては、整骨院を利用する方が良い場合もあります。

特にレントゲンで異常が診られない捻挫、打撲、肉離れに関しては医療機関よりも整骨院で治療を行なう方が最適と考えます。
また、骨折に関しても骨が付けば治療終了で、リハビリをしてくれない病院、整骨院もあるようなので、リハビリに力を入れている整骨院、病院を探す必要があります。

 

レントゲンやMRIにうつらなくても、痛みやしびれにより長く苦しまれている方はたくさんいらっしゃいます。

長島治療院では患者様一人一人の症状に合わせた治療を提案していきます。

手技や物理療法はもちろんですが、再発を防止するためにストレッチやトレーニングなども指導させていただきます!!

 

何かありましたら何でもご相談くださいね( ^ω^ )

 

 

top_slide1

交通事故ページ:http://at-n.net/menu/accidents-muchi/

交通事故動画URL  交通事故動画

 

 

 

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 原田彰