お正月太り要注意!リバウンドする3つの原因と対策

こんにちは、長島治療院です。

いろいろなトレーニングがテレビや本で紹介され、筋トレ、ダイエットブームが到来しています。

 

トレーニングやダイエットされた方はわかると思いますが、筋トレやダイエットに励んで手に入れたボディラインを維持することは大変です。恐れることは、「リバウンド」ですよね。

 

今の時期は、忘年会シーズンに入り、クリスマス、お正月休みを迎えて、暴飲暴食、運動不足が増えてしまいます。この時期は、1年のうちに最も体重の増加が目立つ時期でもあります。

 

せっかく、ストイックに食事を制限し、トレーニングを頑張って手に入れた身体がリバウンドで元に戻ってしまったり、以前以上になってしまうと悔しいですよね。

 

今回は、そうならない為のポイントを3つ紹介します。

 

 

1.急激なダイエット

 

まず1つ目は、急激なダイエットです。

 

急激な体重減少が起こると身体の「ホメオスタシス」の機能が働きます。

 

「ホメオスタシス」は、ダイエットによる食事制限などで身体に入ってくるエネルギーが少量になるとエネルギー消費を減少させて身体の働きを維持する機能のことです。この反応は、身体の防御反応になります。

 

ダイエットしていると始めの方は体重が減りやすいですが、一定期間過ぎると体重が変動しなくなり停滞期に入ります。この停滞期に「ホメオスタシス」が働いています。

 

この「ホメオスタシス」が最も働く原因は、ダイエットを行った1ヶ月前後、もしくは急激に体重の5%減量したタイミングから機能が高まります。

 

ここで食事の量や質を極端に変えてしまい、栄養を過剰に摂取すると「脂肪」に蓄えることになり、リバウンドしてしまいます。

 

こうならない為にも、急激な体重減少は避けるべきです。

 

1ヶ月での体重の減量は、体重の5%未満に抑え、1~2㎏ほどで緩やかに体重を落としていくことが大切です。

 

ホメオスタシスの機能を出来るだけ抑えて、効率的にダイエットすることがリバウンドしない為のポイントになります。

 

2.停滞期で我慢できない

 

先程もお伝えしましたが、ダイエットの初めの方は体重がどんどんと落ちますが、ある一定期間からホメオスタシスが働き、「停滞期」に陥ります。

 

この停滞期で我慢できずに食事をしっかりととって「リバウンド」しています方は意外に多いです。

 

ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。満腹感に関係する「レプチン」という物質がキーワードになります。

 

「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

 

レプチンの分泌量はダイエットで食事を制限しているとこの分泌量も減ってきます。レプチンの量が減ると満腹感が得られず、さらに停滞期によるストレスで過剰に食事をとってしまい「リバウンド」に陥ります。

 

こうならない為にも、一人でのダイエットよりもプロのトレーナーのもとでトレーニング管理、食事管理、体重管理をして計画的にダイエットすることが必要になります。

 

また、「停滞期」に入っても焦らずに理想の体をイメージすることが重要です。

 

 

 

 

食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、これが適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるのです。

 

 

3.食事のみの減量

次は、食事のみでのダイエットです。

 

linecamera_shareimage

 

今は、空前の「炭水化物抜きダイエット」がブームとなっていますよね!!

 

このダイエット方法は実は、リバウンドに陥りやすいダイエットとなります。

 

食事で「炭水化物」を抜くことは、体重を減らすためには効率的でもあります。炭水化物は、身体のエネルギーとなり、そのエネルギー源の炭水化物を抜くと体に蓄えられている「脂肪」「タンパク質」がエネルギー源となり、体重は減ってきます。

 

これだけ聞くとやってみようと思うかもしれませんが、「炭水化物抜きダイエット」には、大きな落とし穴があります。

 

それは、体重は落ちても筋肉がついてこないことです。炭水化物を抜くだけのダイエットは確かに体重は減るかもしれません。しかし、筋肉をつけていかないと体を維持することはできません。

 

筋肉は、身体を動かしてグリコーゲン、脂肪、アミノ酸などを消費してくれます。この筋肉をつけることは、体重が減りやすい体、太りにくい体にするために必要になります。

 

それでは炭水化物を抜くだけの体では、筋肉量は変化しません。ということは、炭水化物を元に戻すと体重が増える、「リバウンド」してしまいます。

 

食事のみダイエットはオススメしません、食事とトレーニングで筋肉量をしっかりと上げ、太りにくい、リバウンドしない体づくりがオススメです。

 

トレーニングルーム

 

この3つのポイントを知ることはダイエットを成功させる為に必要なことです。

 

そして、ダイエットしても「リバウンド」しないために重要なことになります。一時的なダイエットは難しものではありません。手に入れた理想のボディをリバウンドさせずに維持することが最も大切なことになります。

 

一人でダイエットにお困りの方やトレーニングの仕方がわからない方など気軽にご相談ください。

 

LINE

 

 

監修 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 齋藤良気