阪神タイガースドラフト1位高山選手を苦しめた有鈎骨骨折とは?

阪神タイガース ドラフト1位高山選手がプロ入り直前に手術した有鈎骨骨折とはどんなものなのかを紹介します。

有鈎骨とは、手関節を構成している骨の一つです。

有鈎骨

《受傷機転》

野球・テニス・ゴルフなどで、バット・ラケット・クラブなどを強く握ってボールを打った時に直接外力が加わることにより発生します。また、拳での殴打でも発生することがあります。

継続的に繰り返される外力により疲労骨折の場合もあります。

《症状》

上記の写真のポイントを押すと痛みが著名に見られます。

受傷直後は患部に腫れが見られ、皮下出血も伴う・握り動作中の痛み・場合によっては腱の断裂や神経障害を伴うこともあります。

 

《治療法・リハビリ》

保存療法の場合、長期のギブス固定を行います。

偽関節(骨折部の骨癒合が完全に停止している状態)の場合は、骨片を手術で取り除かなければいけません。

受傷直後は、アイシングを行い安静にし痛みがなくなるまで固定します。固定後は、関節可動域アップの為、ストレッチや筋力アップのトレーニングを行います。

早期に治療を行わないと手術になってしまうこともあるので、ラケット・バット・クラブなどを使う競技の方で小指側に痛みが伴う場合は早期に専門機関に受診してください。

 

 

 

当院では痛みの治療だけでなく、競技への復帰や競技のパフォーマンスアップまで個別に対応させていただきます。

痛みがなくなったから練習に参加する、試合に出るという形で復帰すると、再受傷や他の部位の怪我にも繋がります。

しっかりとリハビリを行い、怪我をする以前よりも良い状態になって復帰することで、受傷前の状態以上に良い状態でプレーをすることも可能になります。

ご来院お待ちしております!

top_slide