妊婦さん必見〜産前産後の腰痛〜

こんにちは。

守口院の野村です!

 

今回は妊婦さんにとって切っては切れないものについて書きたいと思います。

 

それは「腰痛」です。

現在妊娠中の方や産後の方で腰痛に悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

 

実は私の妻もつい最近出産しましたが、産前産後は腰痛に悩まされていました。

妊娠中はただでさえ赤ちゃんの体重分の負荷が腰にかかりますし、産後は抱っこなど腰に負担がかかることが多くなります。

しかし、実はその負担とプラスしてあるホルモンの影響が強く関係しているのです。

 

そのホルモンの名前は

リラキシン

聞き覚えのある方はいらっしゃいますか?

 

このリラキシンというホルモンが腰痛のリスクを高めているのです。

では、このリラキシンとは一体どのような作用があるのでしょう。

 

リラキシン

子宮弛緩因子とも呼ばれ、赤ちゃんが生まれるときに通る道(産道)を広げる作用があります。

これによって赤ちゃんが安全に生まれてくることができるのです。

(※産前産後のみならず、月経の前にも分泌されています。)

その際、骨盤にある恥骨結合という部分を緩めて骨盤を開いていきます。

また、骨盤を緩めることだけではなくその他の関節や靭帯も一緒に緩める作用があります。

IMG_2563 2

 

出産を助ける良いホルモンなのですがデメリットもあるようです。

それは骨盤が緩むことによって体の安定性がなくなってしまい、日常生活での立ったり歩いたりする動作が不安定になってしまいます。

しかし人間の体はコンピューターよりも精密な構造をしているのでどうにかして安定を保とうとします。

その際、導入されるのが骨盤周辺の「筋肉」なのです。

この筋肉に必要以上の負荷がかかりオーバーワークとなってしまい腰痛を引き起こします。

 

さらに妊娠中は体重増加に伴い運動不足の傾向が目立ちます。

そのことにより腰への負担が一段と増え腰痛が増進してしまいます。

ホルモンは制限できませんが過度の体重増加はコントロールできるはずです。

適度な運動はストレス解消にもなり筋力を維持することができる為、腰をサポートしてくれますので積極的に体を動かしましょう♪

 

産後はというと、骨盤はすぐに固まらずしばらく緩んでいる状態なので産前同様腰痛が起きやすい環境です。

さらに赤ちゃんを抱っこしたりおんぶすることにより何倍もの負荷が腰にかかってきます。

広がってしまった骨盤を正しい位置に戻すためには普段の生活から骨盤ベルトで骨盤を締めましょう。

そして骨盤矯正にて定期的なケアが必要です。

また、同時に骨盤を筋肉で締めていくために簡単なトレーニングも行いながら将来の腰痛を防ぎます!

ただし、出産後2か月は身体を完全に回復させてあげる期間なのであまり無理はしないでくださいね。

(近日トレーニング法をアップ予定)

 

当院は産前の腰痛改善トレーニングや産後の骨盤矯正・トレーニングについて得意としている治療院です!

多くの患者様からご好評を頂いておりますので一度お気軽にご相談ください。

実際のお客様の声

 

top_slide0-2