タンパク質不足が肌に与える影響とは!?

皆さんこんにちは!! 北浜院の平井です(^O^)/

 

 

○施術前 問診

 

 

長島治療院で美顔鍼を受けられる皆さんの中にたるみやくすみといった肌のお悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。

実はたるみやくすみなどの肌トラブルには、タンパク質不足が関係していることはご存知ですか!?

 

 

今回は、タンパク質が不足する事によって起きる肌トラブルと、また、タンパク質を多く含む食品をお教えします!(^^)!

 

〈タンパク質の働き〉

 

私たち人間の皮膚、髪の毛、爪、内臓、筋肉などといった身体の大部分はタンパク質によってできています。

他にも、免疫に関わったり、ホルモンをつくったり、血液を固めたりと、人の身体をつくる上で様々な役割をしています。

 

〈タンパク質不足によって起きる肌トラブル〉

 

タンパク質が不足する事によって起きる肌トラブルの代表的なものは、

 

・たるみ

・くすみ

・肌荒れ

・むくみ

 

などがあげられます。

 

皮膚を形成する素であるタンパク質が不足すると、新陳代謝を妨げ、肌を老化させている“たるみ”や“くすみ”の素となります。

 

他にも、免疫力が低下して内臓の働きが悪くなることによって顔のむくみや肌荒れがみられたりもします(+_+)

 

また、タンパク質はコラーゲンを構成しているため、タンパク質が不足すれば肌のハリやツヤがなくなったり、さらには、肌トラブルだけでなく、身体全体の代謝機能も下がってしまうため、太りやすく、また痩せにくい身体になってしまいます。

 

 

〈タンパク質を多く含む食材〉

 

タンパク質は、動物性と植物性に分かれていています。

動物性のタンパク質を多く含む食材としては、

 

・鶏肉、豚肉、牛肉などの食肉類

・アジやアサリなどの貝類

・チーズなどの乳製品

 

などがあげられます。

 

私たち人間は動物なので、動物性タンパク質の方が身体になじみやすいというメリットがありますが、肉類から摂る動物性タンパク質は脂質が含まれているため、悪玉コレステロールが増えるといったデメリットがあります。こういったデメリットが心配な方はお肉料理よりも魚介料理を多くすると良いです!!

 

次に植物性のタンパク質を多く含む食材は、

 

・大豆などの豆類

・ジャガイモなどのイモ類

 

などがあります。

 

植物性のタンパク質は、脂質が含まれないというメリットがありますが、身体に必要な“必須アミノ酸”と呼ばれるものが動物性のタンパク質より少ないというデメリットがあります。

 

それぞれの特徴にメリット・デメリットがありますが、どちらかだけを多く摂るということではなく、どちらもバランスよく摂ることが大切になります。

 

 

 

さまざまな肌トラブルに悩まされている方、今日から食事をする時は栄養の事など、少し意識してみませんか?

 

また当院での美顔鍼もプラスして身体の内側からキレイで健康なお肌を目指しましょう!!