淀屋橋、北浜でスポーツマッサージするならここ!!~スポーツマッサージとトレーニングで最大限の効果を実現!

街を歩いていると「ここにもマッサージ店」「あそこにもマッサージ店」とリラクゼーションを目的とするお店を良く目にすると思います。

 

最近では、整骨院でもマッサージを行うところも増えてきています。

 

ここ淀屋橋、北浜エリアでもリラクゼーションを中心としたマッサージ店をよく見かけます。

 

これだけマッサージ店や整骨院が溢れているので、みなさんも疲れている時やケガをした時などに一度はマッサージや治療を受けたことがあると思います。

 

しかし、こんなことよくありませんか!?

 

「マッサージを受けてもその時は、気持ちがいいがすぐに元に戻ってしまう!」

 

リラクゼーションのマッサージであればこういうことはよく起こってしまいます。

 

それはなぜかというと、リラクゼーションのマッサージでは、身体全体のリラックスを目的とし、一定の力で行い、ほとんどが浅い所の筋肉、血管、リンパなどが刺激されるからです。これでは、症状の根源となっている筋肉の緊張の改善や関節の可動域の改善がされません。

 

一時的に血流が改善されて、少しの期間は身体が楽に感じるかもしれませんが、根本的な筋緊張や可動域の改善がなされず、また同じような所に張りを感じたり、痛みを感じたりします。

 

 

このような身体に対しては、私たちが行う「スポーツマッサージ」と「トレーニング」がとても有効的です。まず初めに「スポーツマッサージ」とはどういうものなのか説明します。

 

スポーツマッサージとは!?

 

よくテレビなどでスポーツ選手がマッサージを受けているのをよく見かけると思いますが、「スポーツマッサージ」は、スポーツ選手のパフォーマンスを最大限に引き出すために行われるマッサージです。スポーツマッサージでは、筋肉の緊張緩和、疲労回復、障害の予防が期待できます。

 

マッサージの手技自体は様々ですが、当院の「スポーツマッサージ」はリラクゼーションのマッサージと違い、筋緊張の強い部分や可動域の制限となっている筋肉に刺激を入れていきます。

 

MS齋藤

 

また、筋肉は浅い部分にあるものと深部にあるものがあります。痛み、症状の原因や可動域制限の原因のほとんどが深部の筋肉になります。

 

「スポーツマッサージ」では、深部の筋肉まで刺激を入れることができ、血流の改善や可動域の改善が現れ、根本的な部分にアプローチすることができます。

 

「スポーツマッサージ」することで、スポーツ選手ではパフォーマンスの向上が見られますが、一般の方では「そこまでしなくても」と思うかもしれませんが、それは間違いです。

 

元々どんなスポーツでも、関節や筋肉を複合的に動かして行います。動かすことで筋肉は疲労し、硬くなったり、血流が悪くなっていきます。

 

実は、これは日常の生活でも同じことです。歩く、階段の昇り降り、家事をするなど日常生活でも、関節や筋肉を動かして疲労して筋肉や関節には同じようなことが起こります。

 

そうなると行うことはスポーツ選手も一般の方も同じで、筋緊張を取って血流を上げてあげる。みなさん勘違いされているのが、スポーツ選手と一般の方は別だと思ってませんか!?

 

怪我のリハビリでも疲労を取るにも本当は同じことをやることが正解です。

 

「スポーツマッサージ」となると「スポーツ選手が受けるもの」と思うかもしれませんが、私たちは、スポーツしていなくても受けて頂きたいと思っています。

 

「スポーツマッサージ」を受けて、効果を実感してその効果を続けていく為にトレーニングが重要になってきます。

 

2.「スポーツマッサージ」と「トレーニング」

 

「スポーツマッサージ」のことをある程度説明しましたが、次にやっていただきたいのが「スポーツマッサージ」の効果を最大に引き出すために「トレーニング」です。

 

 

 

「スポーツマッサージ」は本来、スポーツ選手の体のメンテナンスに使われることが多いです。一般的には、疲れた時になどに使ってもらいますが、「スポーツマッサージ」で改善された筋緊張や関節可動域を目一杯使って、「トレーニング」をして頂きたいです。

 

筋緊張や関節可動域が改善されている状態でトレーニングを行うことで、いつも以上に筋肉に刺激が入り、また、可動域の改善があるのでいつも以上に動きが出てトレーニング効果を最大限に引き出すことができます!!

 

トレーニングをやることで、身体の良い状態を覚え込ませることもできるので、肩こり、腰痛の改善や疲れにくい体にすることもできます。

 

トレーニングと聞くと少し気が引けると思いますが、トレーニングもスポーツ選手だけがやるものでなく、日常動作の延長線上のものだと思ってください。

 

例えば、下の荷物を取る時に身体をかがめるのもテレビなどでよく目にする「スクワット」の動作によく似ていると思いませんか!?

 

image1 (2)

 

似ていますよね。このスクワットは、たくさんの筋肉、関節をうまく動かさないとできません。それと同じで、下の荷物を持ち上げる動作などもうまく筋肉、関節を使わないとぎっくり腰などを起こしてしまいます。

 

日常の動作でケガしたり、疲れない為にトレーニングが必要になります。

 

トレーニングで正しい動きを身につけ、ケガのしない体、疲れない体を身につけてもらいたいと思っています。

 

当院は、大阪でも珍しい、先ほど説明した「スポーツマッサージ」と「トレーニング」が一緒にできる治療院です。スポーツマッサージやトレーニングについてご相談がある方は、ご相談お持ちしております。

 

LINE