白くする以外にも?セルフホワイトニングの効果とは!?

「タバコをよく吸うので、歯の黄ばみが気になっている」

「色の濃いものを食べることが多い」

「日常的にコーヒーや紅茶をよく飲む」

みなさんこんなことはありませんか?

 

 

どうして着色するのか?

 

セルフホワイトニングで使用される「ホワイト溶液」は

酸化チタンを主成分にしており、光触媒の作用を用いて汚れを落としていきます。

 

 

歯の表面にはそれまでの日常生活・食生活の中で蓄積した汚れ(ステイン)が付着しています。

歯の黄ばみの主な原因は加齢による変色と、たばこや食べ物による変色となり

食べ物はワイン、紅茶、コーヒー、緑茶、カレー、キムチ、チョコレート、緑黄色野菜、飴

などが着色しやすいものとして挙げられます。

 

こういった日常生活で積み重なった汚れ(ステイン)は歯磨きだけでは

落としにくくなっていきます。

 

IMG_4938

 

セルフホワイトニングはクリーニングで汚れを落とす

 

そんな時にオススメなのがセルフホワイトニングです。

セルフホワイトニングは先程もお伝えしたように光触媒を用いて汚れを落としていくものです。

(※加齢による変色で歯が黄ばんでいる場合はセルフホワイトニングで白くすることはできません。)

 

光触媒とは化学反応の一つで、ビルの外壁や窓ガラスなどにも使用されているものです。

有機物質を分解して無害化していく為、大気浄化や防汚、抗菌、消臭など

様々な分野で実用化されているそうです。

 

セルフホワイトニングでいうと、

歯の表面に独自のホワイト溶液を吹きかけることで、ステインの周りに酸化チタンが吸着します。

その状態で青色LEDを照射することによって、歯の表面上で光触媒の反応を起こします。

そうすると歯とステインの接着面が分子で還元されステインを浮き上がらせます。

その後に歯磨きをすることでステインを除去していきます。

 

このセルフホワイトニングは歯を白く着色していくのではなく、

汚れを落としていく「クリーニング」のようなものだと捉えていただくとわかりやすいですね。

 

光触媒 説明

 

セルフホワイトニングの作用から得られる効果

 

「独自のホワイト溶液とブラッシング」から

①むし歯を防ぐ

②歯を白くする

③歯垢を除去する

④口内を浄化する

⑤歯のやにを取る

⑥歯垢の沈着を防ぐ

⑦口臭を防ぐ

このような7つの効果が期待できます!(^^)!

 

 

 

 

セルフホワイトニングは「白くする」だけじゃない!

 

上の7つの効果を見て頂くと、「むし歯を防ぐ」「口臭を防ぐ」というものも含まれています。

このブログでご紹介してきたように歯の着色汚れのクリーニングだけではなく

独自のホワイト溶液とブラッシングを組み合わせることでむし歯を予防することもできるんです!

 

「歯を白くした」という方だけではなく「むし歯の予防に」「歯の健康を保つ為に」

また、「矯正中で歯磨きがしっかりできているか不安」という方にも

オススメしております(^^)/

 

IMG_5131

 

気になることやご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでご相談ください!

セルホワイトニングは北浜だけの限定メニューになりますので

ご連絡の際は北浜の方までお願い致します。

 

*************************************************************************

A.T.長島治療院 北浜

大阪市中央区平野町2-2-9 ビル皿井1階

TEL:06-6231-6505

LINE@でのご連絡は ↓ ↓ コチラ ↓ ↓

LINE