捻挫を甘くみてるから…。捻挫と間違えられる骨折とは??

皆さん!こんな事ありませんか?

こんにちは!

守口市・大阪市北浜の整骨院 A.T.長島治療院です。

 

皆さんこんな事ありませんでしたか??

▷捻挫してからなかなか痛みが引かない…

▷捻挫してから、外くるぶしより足の小指側の甲が痛い…

 

当院には様々な怪我をされている患者様が居ており、足首の捻挫をされた方も多くの来院されています。

単に「捻挫した!」と思って湿布を貼るだけで放置される方も中にはいらっしゃいます。

意外と知られていませんが、足関節捻挫をしたと思ってても中には骨折してる可能性もあります!!
今日はその骨折の一つ、“下駄骨折”について紹介します。

 

≪下駄骨折とは…≫

 

足の甲の部分にある、足の小指(第5趾)の根本の第5中足骨の骨折を下駄骨折言います。

 

骨折

(ZoneⅠが下駄骨折の起こる部位です)

 

もともと、下駄を履いてる人がよく捻挫をして骨折することが多かった為、このような名前が付いています。

 

げた

 

下駄骨折はなぜ起こるのか?

下駄骨折は「短腓骨筋」や「足底筋(少趾外転筋、足底筋膜の外側部、短少趾屈筋などが関与すると言われている)」の牽引力によって生じる第五中足骨結節部の裂離骨折です。

踏み外しや踏み間違えなど前足部を内返しに捻る事により、下駄骨折はおこります。内返しの捻挫による中足骨骨折の中で最も多いと言われています。

 

下駄骨折の症状とは?

荷重すると痛みは発生しますが下駄骨折は骨折していても歩ける事も多いです。

捻挫と同じ形で受傷するので単なる捻挫と思われがちですが、足首の捻挫とは腫れのある部分や痛みのある部分が違いますので、よく観察すると簡単に区別が付きます。

第5中足骨基底部での骨折は周辺に靭帯や腱が残存しており、ある程度以上ずれる事は少なく、骨片の動きが少ないため、比較的よく治ります。

 

1532853317013 1532853210157

 

下駄骨折を放っておくとどうなるか?

・なかなか痛みが引きません。

・足の横幅の大きさが左右と違い、外見での変形がみられます。

 

下駄骨折の治療方法とは?

 

治療は基本的にギプス固定が多いですが、症状の程度によってはギプスがいらない事もあります。

IMG_3488

 

当院で使用している、LIPUS(ライプス)や微弱電流エレサスはこのような骨折の治療にも大変有効で、治癒を促進する効果があります。

 

写真 2 (14)IMG_4915

 

プロ野球球団も使用中の微弱電流エレサスについてはこちら

プロスポーツ選手も愛用のLIPUSについて

 

その後、骨癒合がある程度落ち着いてきて、ギプスが外れてから、足のリハビリを行います。

ギプスを装着することによって足部の筋力は低下し、バランス能力も低下します。

患部だけを治療するのではなく、復帰するためには様々なリハビリが必要です!!

痛みが無いから、「大丈夫!!」ではありません。

中途半端に治すのでは無く、確実に治すようにしましょう!!(*^^*)

身体で困っている症状があったり、病院へ行っても良くならないなどでお困りの方は是非ご相談くださいね( ´∀`)

 

top_slide0-2

 

守口院

〒570-0028

守口市本町2-1-12

TEL 06-6998-7801

地下鉄谷町線守口駅から徒歩3分

京阪本線守口市駅から徒歩3分

 

 

北浜院

〒541-0046

大阪市中央区平野町2-2-9ビル皿井1F

TEL 06-6231-6505

地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩3分
京阪本線北浜駅から徒歩6分
地下鉄堺筋線堺筋本町駅から徒歩8分
地下鉄御堂筋線、京阪本線淀屋橋駅から徒歩15分

 

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師  原田彰