トレーニング紹介~ゴルフ編~

こんにちは!長島治療院 守口院です。

今日はトレーニングのご紹介です(^-^)

 

先日、ゴルフトレーニングを受けている20代男性の方のトレーニング風景を少しだけご紹介します!!

トレーニングを受けられている方は、関西の大学でTOPレベルでプレーされている方です。

当院のゴルフトレーニングでは、ゴルフの技術をしっかりと再現できるように身体を動かせるトレーニングを行っていきます。

そのため、体幹や股関節・上半身の連動を意識したトレーニングを行っていきます。

当院に来られているゴルフをされている方の中には、腰の痛みや首の痛み、肘の痛みなどを抱えてらっしゃる方が多いように感じます。

その中でも共通していることは、身体を回す(回旋)動きが硬い方が多いことです。

ゴルフは基本的に、身体の回旋が重要になってきます。

この回旋はただ身体を捻るということではありません。

身体の関節には得意な動きがあります。例えば、肘の関節であれば曲げる・伸ばすといったことです。

この得意な動きをしっかりと引き出せるように身体を使ってあげないと、パフォーマンスが上がるどころかケガにつながってしまいます。

 

※体幹の意識を持ちながら上下肢を動かすトレーニング

ゴルフトレーニング ブログ用②

 

 

※体幹回旋トレーニング

ゴルフトレーニング ブログ用

 

両肩が浮かないように回旋させます。

背中の柔らかさや腹斜筋などの体幹の筋力も必要になります。

最初の方にもいいましたが、ゴルフでは綺麗な回旋ができないとショットが崩れやすくなるだけでなく、首や腰への負担が増加しケガにつながる可能性が高くなります。

 

 

※お尻周りのトレーニング

ゴルフトレーニング ブログ用③

 

お尻周りの筋肉は非常に重要です。

大きな力を出す場合やアドレスポジションを安定させる場合にも必要になってきます。

 

このようにゴルフに必要な筋肉を強化しながら上肢・体幹・下肢の連動をはかっていきます。

もちろん柔軟性の向上も必須ですので、そちらも一緒に行っていきます。

 

メニューに関しても、初めに身体の測定を行い硬いところ・柔らかいところ・弱いところなどを分析し、一人ひとりにあったメニュー作りをしています。

興味がある方は、お気軽にご連絡ください!!

 

top_slide0-2