【守口 門真 北浜 淀屋橋】≪交通事故による腰痛について≫

1_19_1

 

【腰椎捻挫】は車同士の交通事故ではむち打ち症に続いて2番目に多く発生する傷病です。腰椎捻挫は交通事故の強力な衝撃によって、腰の周りの筋肉や筋膜・腱・靭帯などに損傷が生じ、腰痛を引き起こします。

腰椎捻挫は腰の痛みだけでなく、お尻や脚にシビレ・痛みを出す坐骨神経痛を併発する事があるので注意しないといけません。

腰椎捻挫はレントゲン検査やMRI検査では異常所見が特に見当たらない事が多く、病院、整形外科では軽視されがちで、湿布や痛み止め薬のみの治療になる事も多くあります。

湿布や痛み止めだけでの治療だけでは適切な治療とは言えずに、腰椎捻挫から慢性腰痛に移行し後遺障害を残す事もあります。

 

交通事故による腰椎捻挫は炎症が強く起きる可能性が高く、まず【炎症を早く抑えて他症状を出させない治療】がメインとなります。その為、場合によってはこの時期からマッサージや牽引治療などを行うと危険なことがあります。

 

その後、炎症期が過ぎてからは痛み・可動域改善をメインに治療を行い【治す治療】が始まります。

手技療法(マッサージ・骨格矯正等)、物理療法(電気療法・罨法等)、運動療法(ストレッチ・トレーニング・可動域改善運動等)を個々の症状に合わせて行います。ここからの治療が交通事故による腰椎捻挫の治療で最も大切な部分です。

 

当院では、トップアスリートに対してコンディショニングやリハビリ、トレーニングを数多くさせて頂いている為、プロのトレーナーとして高い技術力を誇る人間が多く在籍しています。

そんなプロトレーナーが、一人一人違った症状に対してしっかりカウンセリングを行い、根本から治療し、早期社会復帰や一日でも早く交通事故からの不安を解消できるよう努めさせて頂きます。

 

交通事故で満足な治療を受けれていない方やなかなか症状が改善しない方が居られましたら、一度当院へご相談してみて下さい。

 

top_slide1

交通事故ページ:http://at-n.net/menu/accidents-muchi/

交通事故動画URL  交通事故動