ヒト由来神経幹細胞培養美容液

このようなお悩みはありませんか?

  • 乾燥肌がなかなか良くならない
  • 肌荒れがしやすい
  • お肌のハリがなくなってきた
  • たくさん美容液があるけど、どの美容液を使ったら良いか分からない

“メスのいらない美容整形”
“塗るボトックス”
と言われるほど効果絶大で、話題の幹細胞コスメ。
当院でも最新でかつ信頼できる、純国産神経幹細胞培養美容液を取り扱いしております!

通常の『塗り込むだけのケア』ではなく『肌本来の力を目覚めさせるケア』が可能となります。

塗るたびに、マイナス肌へ‼
(※マイナス肌・・・実際の年齢よりも肌年齢が低いこと。)

肌トラブルが起こる主な原因

ニキビや乾燥肌、シミなどといった肌トラブルの主な原因は「ターンオーバー周期」に問題があります。

私たちの皮膚は定期的にターンオーバーが行われ、お肌が生まれ変わっています。
よく、「ターンオーバーは28日周期で行われている」と言われていますが、実は年齢を重ねるごとにその周期は長くなります。
また、普段の生活習慣やストレスなどによってもターンオーバーは遅れます。

ターンオーバーが遅れるという事は、それだけお肌に老廃物が溜まっているという事になります!
老廃物が外に排出されないと、ニキビができやすい状態になったり、シミや乾燥肌に悩まされる事につながります。
また、お肌のハリがなくなる事でたるみにもつながります。

ヒト由来とは

名前の通り『ヒト』から採取した神経幹細胞を使っています。
20〜30代の健康とみなされたヒトから幹細胞を採取しているので、肌に適合しやすく安全面では全く問題ありません。

幹細胞は肌の卵と言われており、今ある皮膚の元となる原料です。
よって、人間になくてはならないものなのです。

ヒト由来の他には『動物由来』や『植物由来』があり、多くのスキンケア商品がこの2つからできています。

『植物由来』はアルガンやリンゴの幹細胞から採取したもので、
『動物由来』は羊毛の毛根や羊プラセンタなどから抽出したものです。

細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、初めて活性が始まります。
植物由来や動物由来は人間に適合するレセプターがないため、効果に直結する事はありません。

プラセンタとの違いは?

プラセンタは胎盤から取れる生の細胞ですが、日本では加熱処理を行わないと販売する事が出来ません。
細胞を活性化させるためにはサイトカインなどの成長因子が必要ですが、この成分は熱に弱く、加熱処理をしているプラセンタエキスは再生効果が認められておりません。

また、ヒト由来のプラセンタは薬事法で規制されており、化粧品や食品への使用は禁止されております。

幹細胞培養美容液に期待できる効果

『幹細胞培養美容液』は、
①肌内部の「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を新たに生み出す
②メラニン細胞の分化・増殖を阻害する効果がある
③大人の肌ではほぼ生成されないタンパク質を産生できる
④塗るボトックスとも言われているアルジレリンを配合している

という面から、今ある細胞に働きかけて、新しい細胞を誕生させることができるので、
通常では行き届かないお手入れが可能となります。

さらに今までのスキンケアの『乾燥するから乾燥を治す』という対症療法の考えに対し、
ヒト由来は『乾燥の元となる肌内部の原因をなくす』という根本治療を望めます。
幹細胞は傷があるところに集まる習性を持っているので
当院の美容鍼と組み合わせることで、さらに効果アップを期待できます。

美容鍼で細胞代謝を上げてところでさらに美容液で活性化することで、
美容鍼以上の効果を期待できますよ♪

  • このような方にオススメです!

    ●ハリ、輝きをよみがえらせたい方
    ●シワが気になる方
    ●お顔のむくみが気になる方
    ●美白になりたい方
    ●くすみをなくし、透明感のあるお肌にしたい方
    ●ほうれい線が気になる方

    他にも、薄毛の解消やなかなか消えない傷跡の改善にも効果を発揮します。

お客様の声(美容)

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ご質問やご相談はこちら