その痛みの原因は姿勢にあった!?

こんにちは!

大阪市の北浜と守口市にある整骨院「A.T.長島治療院」です☆

 

 

「肩こりがひどくて頭痛が…」「腰が重だるい…」などの慢性的な症状

「しょっちゅう寝違える…」「ぎっくり腰がクセになっている…」などの急性のケガ

など、痛みにもいろいろありますが、「不良姿勢」が原因になっていることが多くあります。

 

 

簡単に不良姿勢を説明すると「身体に負担がかかっている姿勢」です。

正しい姿勢(理想的な姿勢)は写真のように×印の部分がまっすぐになっている状態で、「身体にとって一番ラクな姿勢」と言えます。

 

 

IMG_0636

 

 

この状態で身体を動かすことで機能的かつ効率的に動くため、筋肉や関節への負担が少なくなります。

 

 

ですが、筋肉がアンバランスとなることで、×印がライン上からずれてしまいます。

アンバランスとなる原因は、

・間違った身体の使い方

・トレーニングをする部位が偏っている

・長時間同じ姿勢を取り続ける(座りっぱなしや立ちっぱなしなど)

・行っているスポーツの競技特性によるもの

・スポーツ中の予期せぬケガや交通事故でのケガ

など様々です。

 

 

そのままの状態で身体を動かすと筋肉や関節に無理な負担がかかります。

そしてその無理な負担を放っておくことがこりや痛みにつながる原因となります。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

何かをする前にまずは現在の姿勢を評価する

 

 

ここから始めなければいけません。

静止時動作時における柔軟性や筋力を評価します。

硬くなった筋肉はマッサージやストレッチでも緩めることはできますが、改善は一時的なものに過ぎません。

根本から改善するためには外部からの刺激ではなく、自身の身体を使って改善させる必要があります。

 

 

そこでおすすめの方法が「ピラティス」です。

ピラティスは姿勢改善や機能改善の効果が高く、身体の正しい動かし方も身につけることができるため根本改善にとても効果的です。

痛み等が無くても身体の調整のためにも広く取り入れられており、アスリートやモデルなど身体を使うプロの方も行っている方法です。

 

 

ピラティスはすべてのエクササイズを正しい姿勢(ニュートラルポジション)をつくり、それを保ったうえで行います。

そのためエクササイズを通して、柔軟性が必要な筋肉はストレッチがかかり、筋力が必要な筋肉は強化がされます。

「自分の身体を自分の力で変える」これこそが根本改善への近道と言えます。

 

 

そんなピラティスを当院ではパーソナルレッスン(マンツーマン)・グループレッスンで受けていただくことができます。

痛みが落ち着いてからでもOK!治療と並行で行ってもOK!ケアのために行ってもOK!

少しでも興味を持たれた方はこちらをご覧ください😊

 

 

監修 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 齋藤良気