幹細胞美容液【HITOYURAI+30】が良いワケとは?

こんにちは!

今回のブログでは『HITOYURAI+30』という美容液についてご紹介していきます。

NEW2 HITOYURAI+30

 

このHITOYURAI+30という美容液は、ヒト由来神経幹細胞培養美容液というもので、新時代のスキンケアとも言われています。言葉だけ聞くと、どういうものなのかよくわからないという方も多いと思いますので、詳しくご紹介していきます。

 

 

 

どうしてHITOYURAI+30が肌に良いの?

 

それはいままでの化粧品とは根本的に考え方が違うからなんです!

 

今までのスキンケアの効果は、

・潤いを与える

・肌の透明感やバランスを整える

・皮膚表面に与えられる刺激からの保護

というものでした。

 

このように、肌の上から足りないものを補う、「対症療法」が今までの一般的なスキンケアです。

ヒト由来神経幹細胞培養美容液では、肌を再生し「創り出す」ことに着目した新時代のスキンケアとなっています。

 

 

 

新時代のスキンケアに用いられる幹細胞とは?

 

幹細胞とは、これから色々な組織になれる細胞のことです。

・自己複製能:自分と全く同じ能力を持った細胞をコピーできる能力

・多分化能:様々な細胞になることができる能力

幹細胞は上の2つの能力を持っています。

 

ヒトの中でも皮膚の細胞は絶えず生まれ変わっていて、そうすることで健康なお肌を保つことができています。このように常に細胞を補い続けるために再生と複製する能力を持った幹細胞がとても重要な役割をしています。

 

 

美容液に含まれているのは幹細胞そのものではなく、「幹細胞培養液」というものです。

 

幹細胞培養液

幹細胞培養液とは、幹細胞が自分のコピーや新しい細胞を作ろうとした時に出される情報伝達物質のことです。この情報伝達物質はサイトカインと呼ばれていて、細胞を活性化させるカギとなるとても重要な成分です。

サイトカインはいくつかの種類があり、肌細胞の成長因子や紫外線を受けた際に肌にダメージを与えないように阻害する成分などがあります。

 

この組織再生効果のある有効成分は美容業界で「スキンケアの最終形態」や「新時代のスキンケア」と言われる理由です。

 

 

なぜHITOYURAI+30がいいの?

では、なぜ幹細胞を使用している化粧品の中でも、HITOYURAI+30がいいのでしょうか?

 

 

ヒト由来

まず一つ目は名前の通り、ヒト由来というところです。

化粧品に使われる幹細胞には、

・植物由来

・動物由来

・ヒト由来

の3つの種類があります。

 

植物由来では、ヒトとそもそも仕組みが異なるためヒトの細胞に対して活性効果があるかどうかは解明されていません。

動物由来は、植物由来のものよりはヒトの幹細胞に近いと言われていますが、安全面では確認が必要で、日本ではあまり動物由来の幹細胞培養液を含む化粧品は販売されていません。

この2つに比べて、ヒト由来は効果も安全性も高くなっています。

 

 

脂肪幹細胞と神経幹細胞

続いては幹細胞の種類です。

化粧品に使用されている幹細胞には

・脂肪幹細胞

・神経幹細胞

の2つがあります。

 

脂肪幹細胞の培養液には肌の活性化や、再生効果が高く、多くの幹細胞化粧品に使用されています。

 

もう一つの神経幹細胞の培養液は、同様に肌の活性化や再生効果もありますが脂肪幹細胞の培養液に比べて細胞を増やしていく能力が高く、医療の分野で使用されています。

また、

・美白効果

・シワの改善

・肌老化の予防

の効果が脂肪幹細胞の培養液よりも高いことが実験でも明らかになっています。

 

HITOYURAI+30では脂肪幹細胞の培養液だけでなく、神経幹細胞の培養液も含まれているため、肌細胞の活性化や再生はもちろん、美白効果やシワの改善、肌老化の予防の効果も期待できます。

 

 

 

当院では、美容鍼とこのHITIYURAI+30の美容液を合わせたコースもご用意しております。

ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください^ ^♩