ただの疲れ?年齢のせい?それはもしかして腎の乱れかも!?

こんにちは、守口市、大阪市北浜の鍼灸整骨院のA.T.長島治療院です。

前回、東洋医学の肝、心、脾、肺、腎の五臓を用いた体質分けを紹介いたしました。

五臓

簡単なチェックシートを使ってみなさんに自分の体質を知ってもらいましたが、その体質を詳しく説明をしていきます。

五臓は、私たちの体の様々な役割をもっています。この五臓の乱れは、自律神経の乱れや体の不調をきたしていまいますのでご注意ください。

 

今回は、腎のチェック項目が多かったタイプの説明をしていきます。

 

もう一度腎のチェック項目を確認してみてください。

 

□疲れやすい
 
□体が冷えやすい
 
□髪の毛が抜けやすい
 
□耳鳴り、耳が聞こえにくい
 
□腰、足腰がだるい
 
□生理不順
 
□倦怠感や無力感がある
 
□夜間尿、下痢が続く
 
□成長不良、発育不良がある
 

前回よりも項目を多くしましたが、5つ以上チェックがつけば、心タイプと言えるでしょう。

 

腎は、『水を主る』と言われ、水液代謝の要であり、循環した水液の終着点となります。腎は水液代謝を行うと共に、津液の量を調節することによって生命活動の維持に重要な役割を果たしています。

 
karou_businesswoman
 
腎の乱れは、水液代謝の乱れ。浮腫や下痢、夜間尿などの体の異常もきたしてしまいます。
 
また、腎は人体の構成や生命活動に必要な「精」を貯蔵しており、これが失調すると不妊症や無月経、成長不良や耳の障害、脱毛、物忘れなどがおこります。
 
腎が乱れると、倦怠感や無力感が起こります。
 
体の水分調節が上手くいかなくなると、ほてり・のぼせが起こったり、寒がり、冷えが起こったりします。
 
腎は各臓腑に運ばれる気を主っており、腎の失調で体の様々な箇所で異常をきたします。
 

腎の乱れを整えるには⁉︎

チェックシートで腎タイプの方は、腎の乱れを起こしやすいので、予防にはツボ押しをオススメしています。

 

太渓(たいけい)

 

足の内くるぶしとアキレス腱の間のツボです。

 

太渓

 

 

腎の異常をきたす前にはこの部分が柔らかくなったり凹んだりすることが多く、腎の異常をきたすサインと考えてください。

 

また、腎の機能を調整するツボにもなりますので、腎の異常をきたしたときは痛気持ちいい程度で2~3秒ゆっくりと指圧マッサージをしたり、温めたりしてみてください。

 

 

腎の機能を低下する前に、気づき、予防することが重要になります。今回のチェックシートや腎の機能を活用して早く気づき対処していきましょう。

 

 

五臓の乱れや自律神経の乱れには、鍼灸治療は有効ですので、気になる方はご相談ください。

LINE

 

守口院

〒570-0028

守口市本町2-1-12

TEL 06-6998-7801

地下鉄谷町線守口駅から徒歩3分

京阪本線守口市駅から徒歩3分

北浜院

〒541-0046

大阪市中央区平野町2-2-9ビル皿井1F

TEL 06-6231-6505

地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩3分
京阪本線北浜駅から徒歩6分
地下鉄堺筋線堺筋本町駅から徒歩8分
地下鉄御堂筋線、京阪本線淀屋橋駅から徒歩15分

監修 鍼灸師 松井芳裕