タイガーウッズや石川遼も苦しめた腰痛の原因とは!?ゴルフ、トレーニング前の腰痛予防ストレッチ

 

こんにちは、大阪市北浜、守口市の鍼灸整骨院のA.T.長島治療院です。

 

ゴルフのハイシーズンとなって、ラウンド回数が増えてきていると思います。ゴルフの回数が増えて注意していて頂きたいのが怪我ですよね。特に注意して頂きたいのが「腰痛」です。

 

ゴルファーの怪我と言えば1番に「腰痛」を頭に思い浮かぶ方も多いと思います。

 

プロの選手でもヘルニアなどの腰痛で苦しんでいる選手も多く、見事復活優勝を果たしたタイガーウッズ選手も腰痛で苦しみ何度も手術をされていました。国内では石川遼選手もツアーを途中棄権した理由も「腰痛」でした。

 

「腰痛」は プロ、アマ問わずゴルファー誰もが苦しむ怪我でもあります。

 

A.T.長島治療院では、怪我の治療だけでなく、ゴルフ後の体のケアやゴルフトレーニングなども行なっていますが、ゴルフで腰痛になられた方もたくさん来院されています。

 

今回は、多くのゴルフでの腰痛の治療経験をもとに痛みの原因や予防のストレッチに関してお話ししていきます。

 

スイング中やゴルフの後に腰が痛いという方のほとんどが背中や股関節周りの柔軟性の不足で腰にストレスをかけてプレーをして痛みが出ています。

 

背中の硬さや股関節の柔軟性が不足すると背中の動き、骨盤の動きが悪くなり、腰に負担をかけてしまいます。

 

腰痛だけでなく、首の痛みや膝の痛みなどの問題も出てくる恐れもあり、さらに、背中の動きと股関節の柔軟性の不足で骨盤の動きが悪いと、「飛距離が伸びない」「安定したスイングができない」などゴルフのスコアにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そこで、重要になるのが、ゴルフ前のストレッチです。柔軟性、骨盤の動き改善にはストレッチが有効的で腰に負担をかけずにプレーできて腰痛の予防になります。

 

また、プレー前やトレーニング前は、ゆっくり伸ばすより反動をつけて行うことでゴルフやトレーニングに適した筋肉の状態にすることができます。

 

今回は、ゴルフのプレー前、トレーニング前にやっていただきたい腰痛予防ストレッチを紹介していきます。

 1.太ももの後ろのストレッチ(ハムストリングス)

①足を肩幅に開いて膝を軽く曲げて、手を膝に置く。

 

写真①

 

 

 

 

②おへそと胸をつき出し体を前に倒す。骨盤が前に倒れるように股関節から体を前に出すようにして下さい。太ももの後ろが伸びれば20秒キープします。

 

写真②

 

 

※ゴルフのプレー前は・・・・

まず20秒伸ばして、へそを太ももに近づけるように身体をリズムよくバウンドさせます。反動をつけてストレッチすることで、プレーに適した筋肉の状態にすることができます。

 

2.お尻のストレッチ

①クラブを横に持ち、クラブで体を支えながら膝の上に足を置きます。

写真③

 

 

 

②上げている足の膝を手で押して地面と平行を保ち、お尻を下げます。足を上げている方のお尻が伸びれば、20秒キープします。

 

写真④

 

 

※ゴルフのプレー前は・・・・

20秒伸ばしたら、おへそを足に近づけるように反動をつけてリズムよく伸ばします。

 

 

 

これらの太ももの後ろ(ハムストリングス)、お尻などの股関節の柔軟性を改善することで骨盤の動きも良くなり、腰への負担も軽減されて腰痛も改善されてきます。

 

プレー前はゆっくり伸ばすよりも少し反動をつけてプレーに適した筋肉にしていきます。股関節の柔軟性、骨盤の動き改善でプレーの質も変わってきます。プレー後はゆっくり20~30秒ゆっくり伸ばして腰痛を予防していきましょう。

 

今回は、腰痛予防のための股関節の柔軟性、骨盤の動き改善のストレッチを紹介しましたが、痛みがある場合は無理には行わずにご相談ください。

 

LINE

 

守口院

〒570-0028

守口市本町2-1-12

TEL 06-6998-7801

地下鉄谷町線守口駅から徒歩3分

京阪本線守口市駅から徒歩3分

北浜院

〒541-0046

大阪市中央区平野町2-2-9ビル皿井1F

TEL 06-6231-6505

地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩3分
京阪本線北浜駅から徒歩6分
地下鉄堺筋線堺筋本町駅から徒歩8分
地下鉄御堂筋線、京阪本線淀屋橋駅から徒歩15分

監修 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー 齋藤良気