あ!捻挫をしてしまった・・・早く治したいあなたに必見!

みなさん、捻挫等をしてしまった際どのようにして治しましたか?
テーピングという物をご存知の方も多いと思います。
テーピングとは、筋肉の保護をする等様々な種類がありますが今回は固定を目的としたテーピングの役割について説明します。

スポーツ・日常生活において捻挫をしてしまったという経験があるかと思います。
捻挫をしてしまった時、どのような対処の仕方をしましたか?
痛いけれどほって置いて治った!とりあえずシップを貼っておいた!痛いところを冷やした!などをして痛みが引くまで待っておいた方も多いと思います。
そこで!テーピングの出番です。
●テーピングの役割とは・・

①ケガの直後、すみやかにテーピングすることで患部を圧迫・固定し悪化を防いだり痛みを緩和するため。

②内出血や痛み、損傷部の動揺による悪化を防ぐため。

③患部の固定、また脱臼・骨折には医療機関搬送までの患部の固定を行うため。

④テーピングによって患部への負担を軽減し、ケガの再発を防ぐため。

 

上記に書いた事がテーピングの目的です。テーピングを巻く際はケガ直後が一番いいですが、その場にテーピングが無い等巻くことが難しい場面もあります。出来るだけ早期に医療機関に受診して頂くことをオススメします。
AT長島治療院では、プロのスタッフたちが患部に合ったテーピングを行い早く治るように治療プログラムを立てて治療を行っています。お困りの方は気軽にお問合せください。

 

a

 

守口

〒570-0028

守口市本町2-1-12

TEL 06-6998-7801

地下鉄谷町線守口駅から徒歩3分

京阪本線守口市駅から徒歩3分

北浜

〒541-0046

大阪市中央区平野町2-2-9ビル皿井1F

TEL 06-6231-6505

地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩3分
京阪本線北浜駅から徒歩6分
地下鉄堺筋線堺筋本町駅から徒歩8分
地下鉄御堂筋線、京阪本線淀屋橋駅から徒歩15分

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 原田彰